ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

<感想・エッセイ>「牛の友だち」を読んで

[2021年11月3日]

ID:33244

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「牛の友だち」を読んで

 ノートルダム清心女子大学 2年 M.F

 「牛の友だち」を読み、自分の周りにいる友達やお互いを思いやることの大切さを改めて実感することが出来た。このお話は牛とにわとりがともだちになり、様々な場面でお互いを助け合う。初めは、にわとりが牛に助けてもらってばかりであり、ともだちを助けてばかりの牛は不服に思っていた。しかしその直後、牛はにわとりに助けられてともだちの良さを知る。譲治は、種類も違えば大きさも違う、特性も違う牛とにわとりを対比させ、どのような人同士でも助け合うことが出来るということを伝えようとしているのではないかと推測した。

 このことから私は、周りにいる友達を大切にし、お互いを思いやることが出来る心優しい人になりたいと強く 思った。

お問い合わせ

市民生活局スポーツ文化部文化振興課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1054 ファクス: 086-803-1763

お問い合わせフォーム