ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

岡山市文学賞坪田譲治文学賞・市民の童話賞ホーム

スマートフォン表示用の情報をスキップ

<感想・エッセイ>「河童の話」を読んで

[2020年10月23日]

ID:25627

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「河童の話」を読んで


 ノートルダム清心女子大学 2年 O.H.

 河童と言えば頭にお皿、背中に甲羅だと思うが甲羅についての言及がなかったから本当に河童を見てはいないのだろうと思う。しかしおじいさんの話し方が上手で話に引き込まれた。特に河童が魚を食べている描写が怖く、おじいさんも食べられそうになったのかとドキドキした。最後に鳶と蟇が出てきて、河童が鳶を恐れ、河童が呼んだ蟇は河童が食べている魚のおこぼれをもらい、鳶は蟇が出てきたら不思議なことに河童の魚を狙わなくなったという話になった。河童が鳶を恐れるのは魚を横取りされるかもと思ったからだろうが、蟇を二匹呼んだだけでなぜ恐くなくなったのだろうか。そしてカエルって魚を食べるのかとも思った。短い話だったが面白かった。


お問い合わせ

市民生活局スポーツ文化部文化振興課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1054 ファクス: 086-803-1763

お問い合わせフォーム