ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

岡山市文学賞坪田譲治文学賞・市民の童話賞ホーム

スマートフォン表示用の情報をスキップ

<感想・エッセイ>「カタツムリ」を読んで

[2020年10月23日]

ID:25628

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「カタツムリ」を読んで


 ノートルダム清心女子大学 2年 K.C.


 『カタツムリ』を読んで、美代と弟たちの間で揺れる正太の心情の変化に惹きこまれた。

 初めは兄らしく体調を崩した妹の面倒を看ていたが、善太と三平の誘いによって外に出て行きたくなり、最終的に淋しいと言う妹にカタツムリを置いて行ってしまう。 

 私がここで注目したのは、兄が出て行くときまで美代はそれを嫌がっているところだ。体調がとても悪いなか、涙を流し、それでも行ってしまいそうだとなると「淋しい」と訴える美代は子どもらしい反応だと言える。もし私だったら、治るまで傍にいただろう。しかし、ここでの正太は妹よりも自分の好奇心に素直になってしまった。ある種の残酷さが描かれている部分であると思う。物語の最後に正太が思いをはせる描写があるが、ここでもその時の自分に対する後悔は書かれていないことからも、子ども特有の残酷さが読み取れる作品だと考えた。


お問い合わせ

市民生活局スポーツ文化部文化振興課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1054 ファクス: 086-803-1763

お問い合わせフォーム