ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

<感想・エッセイ>「よっちゃんとりんご」を読んで

[2021年11月2日]

ID:33237

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「よっちゃんとりんご」を読んで

 ノートルダム清心女子大学 2年Y.K

 よっちゃんが空想の世界で、生き生きと遊んでいる情景やりんごの様子などがありありと想像できた。特に、「くるっとまわって、ばぁ」「くるくるくる」というように、よっちゃんが物干しの杭に掴まってりんごの木の周りを回ると、りんごの木が成長していく場面は、リズミカルで楽しい表現であると感じた。また、よっちゃんがりんごの木に早くたくさんの実をつけようと一生懸命に木の周りを回っている描写を読んだ。そこから、よっちゃんのりんごの木への期待と一人遊びを楽しんでいる様子が読み取れ、私もわくわくしながらりんごの木にたくさんの実がなる場面を想像して物語を楽しんだ。「よっちゃんとりんご」は、よっちゃんの不思議な空想の世界で、私も一緒に遊んでいるような楽しい気持ちになれる作品であると感じた。

 

お問い合わせ

市民生活局スポーツ文化部文化振興課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1054 ファクス: 086-803-1763

お問い合わせフォーム