ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

<感想・エッセイ>「デンデン虫」を読んで

[2021年11月2日]

ID:33231

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「デンデン虫」を読んで

 ノートルダム清心女子大学 2年 Y.I

 『デンデン虫』を読んで、私は子どもたちの感情の赴くままに行動するところが印象に残った。最初はお母さんの言いつけを守っていた正太も、鮒取りに誘われると直ぐにそっちに興味がいき、どうにか体調の悪い美代ちゃん1人にお留守番させようと考える。結局1人家に寂しく残された美代ちゃんは泣いてしまった。3人の子どもたちには、川までせっかく来たのに何も出来なかったという気持ちがうまく昇華できないため、どうしても何か鮒に対してやってやりたかった気持ちがあったと推測するが、そこで選んだ行動が大きな石ころを一人一つずつ投げ入れるというもので、少し残酷だなと感じた。

お問い合わせ

市民生活局スポーツ文化部文化振興課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1054 ファクス: 086-803-1763

お問い合わせフォーム