ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

岡山市文学賞坪田譲治文学賞・市民の童話賞ホーム

スマートフォン表示用の情報をスキップ

<イラスト>「コマ」

[2020年6月30日]

ID:22946

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 ノートルダム清心女子大学2年 岩崎佑美

 コマの作品の中で、正太は、コマにとても愛着を持って、一生懸命に麻緒をまいており、そこに、正太の生命が入っているように感じられた、という描写がありました。そして、「小野にはこの巻かれた緒の中から、何時となく、正太の生命が煙のように淡く空中にうすれて行くように思えてならなかった。」とありました。私はそこから、それは、うすれてゆくのであって、決して消えるわけではない人だということを感じました。その後、ネズミがコマの緒を切るところがあります。最初読んだときは、大切なものをかじるのが、ひどいと思いましたが、考察してゆくうち、それは、生命が旅立ってゆくようなことなのではないかと思うようになりました。それがとても心に残ったので、このイラストを描くことにしました。

お問い合わせ

市民生活局スポーツ文化部文化振興課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1054 ファクス: 086-803-1763

お問い合わせフォーム