ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

岡山市文学賞坪田譲治文学賞・市民の童話賞ホーム

スマートフォン表示用の情報をスキップ

<感想・エッセイ>「ビワの実」を読んで

[2020年6月19日]

ID:22738

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「ビワの実」を読んで


 ノートルダム清心女子大学 2年 垣内寛美

 ビワは家の敷地に植えると家人が病気になる、家がつぶれるなどといったどこか不気味さを感じさせる植物であったようだ。
 しかし、この作品の中のビワは、瑞々しく、鳳凰の卵に例えられるなど生命力を感じさせるものになっていた。
 譲治はビワについてこのように描写していた。「甘くて、酸っぱくて、そしていい匂いがして丁度それはビワの実の様な味でした。」「何にしても、そのおいしさは、比べるものがありません。」
 ここで抜粋した描写以外にも、読者に本当に今ビワを食べているような錯覚を与えるほど、ビワに対する譲治の心の入れようが感じられた。
 自分の好きなものをここまで描くことができる譲治の純真さに胸を打たれた。

お問い合わせ

市民生活局スポーツ文化部文化振興課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1054 ファクス: 086-803-1763

お問い合わせフォーム