ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

岡山市文学賞坪田譲治文学賞・市民の童話賞ホーム

スマートフォン表示用の情報をスキップ

<感想・エッセイ>「正太の海」を読んで

[2020年6月19日]

ID:22737

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「正太の海」を読んで


 ノートルダム清心女子大学 3年 M.F.

 『正太の海』という物語の中で正太は、川にいた一匹のふなをひたすら追いかけて町や森や野原を通りすぎ、「ひろい海」まで辿り着きます。そして家に帰って母親に「ひろい海」の話をしますが、それは正太の夢だったのではないか、と書かれ物語は終わります。
 私は、この物語を読み、自分の幼少期を思い出して懐かしい気持ちになりました。ふなに興味津々で夢中になって追いかける姿、自然の中にある生き物が大きく見える姿、その日あったことを親に何でも報告したがる姿はとても子どもらしく、微笑ましい気持ちになるとともに、自分にもそんな幼い頃があったと懐かしい気持ちになりました。

お問い合わせ

市民生活局スポーツ文化部文化振興課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1054 ファクス: 086-803-1763

お問い合わせフォーム