ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

岡山市文学賞坪田譲治文学賞・市民の童話賞ホーム

スマートフォン表示用の情報をスキップ

<感想・エッセイ>「池のクジラ」を読んで

[2020年6月19日]

ID:22720

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「池のクジラ」を読んで


 ノートルダム清心女子大学 3年 K.K.

 池に迷い込んだクジラは、その池の王様のように振る舞い、魚や鳥たちに畏れられ、得意になっていた。しかし、誰もそのようなクジラの相手にはなってくれなかった。ただ、クジラは孤独だった。どこかも分からない池に迷い込み、池に住む生き物たちに自分の力を披露して、存在を認めてもらおうとしたのかもしれない。現実にもある話だと思う。いくら能力がある人でも、尊大な態度が過ぎると、周りの人からの信頼はなくなる。しかし、そのような態度の人も、池のクジラのように自分の存在を認めてもらおうとしていたり、弱い心や寂しい気持ちを隠そうとしていたりするのかもしれない。

お問い合わせ

市民生活局スポーツ文化部文化振興課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1054 ファクス: 086-803-1763

お問い合わせフォーム