ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

岡山市文学賞坪田譲治文学賞・市民の童話賞ホーム

スマートフォン表示用の情報をスキップ

<感想・エッセイ>「きしゃイヌ」を読んで

[2020年6月19日]

ID:22716

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「きしゃイヌ」を読んで


 ノートルダム清心女子大学 3年 山河涼

 善太が五郎を大好きで大切にしていることがとても伝わってきました。五郎をバカにされることは嫌で、けれど五郎が傷ついてしまうようなことがあるのはもっと嫌だ、という思いから、悔しさは残り、友達も離れていってしまうが、きしゃと競争はさせないという正しい選択ができる勇気を見せることができました。
 また、バカにしてきた下田くんと石井くんが困っている時に、さっと手をかせる善太と五郎はかっこよかったです。あらゆる状況で正しい判断、最善の選択をすることの大切さを思いました。

お問い合わせ

市民生活局スポーツ文化部文化振興課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1054 ファクス: 086-803-1763

お問い合わせフォーム