ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

岡山市文学賞坪田譲治文学賞・市民の童話賞ホーム

スマートフォン表示用の情報をスキップ

<感想・エッセイ>「柿の木と少年」を読んで

[2020年6月19日]

ID:22715

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「柿の木と少年」を読んで


 ノートルダム清心女子大学 3年 T.F.

 最初は柿の木と達夫のエピソードを微笑ましく読んでいたが、父の徴兵により変化した環境において、母に心配をかけまいと我慢する姿を想像すると胸が痛んだ。
 主人公である達夫の視点で話が進むことで、とても読みやすく、また感情移入がしやすい作品だと感じた。日付がたくさん出てくることがリアリティを強く感じさせていたと思った。

お問い合わせ

市民生活局スポーツ文化部文化振興課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1054 ファクス: 086-803-1763

お問い合わせフォーム