ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

岡山市文学賞坪田譲治文学賞・市民の童話賞ホーム

スマートフォン表示用の情報をスキップ

<感想・エッセイ>「金のかぶと」を読んで

[2020年6月19日]

ID:22714

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「金のかぶと」を読んで


 ノートルダム清心女子大学 4年 石井唯

 これは「おねえさん」が「わたし」にしてくれた二つのお話が述べられた童話である。将監塚とナマズ塚、「おねえさん」の話す、この二つの言い伝えの無関係さに私は初め戸惑った。おまけに最後の二つの塚の描写にも驚いた。美しいさまが表現された将監塚と、あまりにも寂しげなナマズ塚、この対比が意外に感じられたのだ。なぜならば、ナマズ塚は殺生の悲しさを表した話だと私は感じていたためだ。将監はモモの花のそばで、モモの美しさを際立たせようと金のかぶとを外していたために死んだ。これは最後の塚の様子から、美談のように示されている。ナマズは坊主に化け、殺生を止めろと漁師に説くことで、生き延びようとした。この時、ナマズは赤飯を食している。ひょっとすると、己も物を食べている身で、命惜しさのためだけに行動するナマズの浅ましさを冷たい目で批判している作品であるかもしれない、そう感じだ。

お問い合わせ

市民生活局スポーツ文化部文化振興課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1054 ファクス: 086-803-1763

お問い合わせフォーム