ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

岡山市文学賞坪田譲治文学賞・市民の童話賞ホーム

スマートフォン表示用の情報をスキップ

ねこの太郎

[2020年6月18日]

ID:22597

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ねこの太郎

 生まれてそだったおうちから、遠い所へひっこしなさった人がありますかね。きっとそんなことはおいやでしょう。
 三ぺいは八つの時、いなかから、とうきょうへひっこして来ました。とうきょうは、にぎやかでりっぱな所です。
 けれども、三ぺいはいやでした。いなかへかえりたくてなりません。川があって、さかなのおるのもいなかです。たんぼがあって、ひばりのおるのもいなかです。それを思えば、なみだが出るほどかえりたいのです。 
 眠っていても、いなかで友だちとあそんでいるゆめを見ました。
 ある日のことです。みけのきたないねこが、
「にゃあお。」とないてはいって来ました。
 ねこは、やせて、からだがどろでよごれていました。しかってもにげようとしません。
 ふしぎなねこですから、外に追出して、戸をしめました。ねこは、かなしそうにないていました。ところがあくる日、さかやさんが来て、見ておどろいていいました。
「これは、前にいらっしゃった方のねこで、太郎という名で、ここで生まれたのです。それなのにうちの人につれられて、遠い所へひっこしました。
 けれども、太郎は、もとのうちがこいしくて、かえって来たのでしょう。」
 それを聞くと、三ぺいさんはかわいそうになって、太郎にごはんをやりました。

お問い合わせ

市民生活局スポーツ文化部文化振興課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1054 ファクス: 086-803-1763

お問い合わせフォーム