ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

市民の皆さまへ 岡山市長メッセージ 令和3年4月23日

[2021年4月23日]

ID:29494

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市民の皆様、特に若者の皆様への感染拡大防止のお願い 

岡山市では、新型コロナウイルスの感染者数が3月から増加傾向に転じ、4月以降その傾向が非常に強くなっています。感染力が高いとされる変異株の陽性者も増加していることから、大変厳しい状況となっています。

・4月22日までの累計感染者数は1,742人、クラスターは累計28例

・感染者数は2月が90人、3月が167人、4月が308人(22日時点)と増加傾向。4月に入りクラスターは4例発生(22日時点)

・陽性者のうち変異株感染者が占める割合は3月の25%から4月は71%へ増加(4月18日調査時点・速報値)

 

■若い世代の感染が増えています

3月中旬以降の市内の新規感染者の傾向をみますと、特に若年層への感染が広がっており、人数に関わらず飲食の機会での感染が増加しています。

・10代から30代までの若い世代の感染割合が6割弱を占める

・年末年始をピークとする感染第3波に比べ、特に10代後半から20代前半の感染者が激増

若い世代の皆さんは、共同生活やスポーツ活動など感染リスクが高まる場面での活動も多くなると思いますが、無症状や軽症のまま仲間と行動することにより、本人も気づかないうちに大切なご家族やご友人に感染を広げてしまう恐れがあります。

このため、若い世代の皆さんには、自分たちの行動で感染を抑えていくという気持ちで慎重に行動していただくよう、お願いします。

 

■基本的な感染対策の徹底を

感染が拡大する中で、来週からゴールデンウィークを迎えます。市民の皆様には、感染が拡大している地域との往来はなるべく控えていただくようお願いします。

そして、感染を防ぐためには、変異株であっても、やはり3密の回避、マスクの着用、手洗い等の従来から実施されている対策が有効です。

市民の皆さんには、ご自身、ご家族、ご友人を守るためにも、日々の体調チェックを十分に行いつつ基本的な感染防止対策を徹底するとともに、感染リスクの高まる「5つの場面」では特に留意していただくよう、改めてお願いします。

感染リスクが高まる「5つの場面」(内閣官房新型コロナウイルス感染症対策ホームページ)
https://corona.go.jp/proposal/別ウィンドウで開く

 

令和3年4月23日
岡山市長 大森雅夫

新型コロナウイルスの岡山市内における感染者の最新の動向

お問い合わせ

市長公室 秘書課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1023 ファクス: 086-234-7065

お問い合わせフォーム