ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

岡山市は台湾をホストタウン地域として応援しています!

[2020年9月17日]

ID:24348

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ホストタウンとは

 東京2020オリンピック・パラリンピックに向け、スポーツ立国、グローバル化の推進、地域の活性化、観光振興等に資する観点から、参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図る地方公共団体のことです。

ホストタウンになった経緯

 岡山市と台湾の「新竹市」は、2003年4月に友好交流協定を締結し、市民訪問団の相互派遣や子どものホームステイ、さらには特産品の販路拡大を目的とした経済交流など幅広い分野にわたって交流を続けてきました。2023年には協定締結20周年を迎える関係にある中で「ホストタウン」としての登録を受け、さらに、パラ・パワーリフティング台湾代表選手の強化キャンプ受入れを契機とし、「共生社会ホストタウン」として登録を受けました。


交流事業の様子

市民友好親善訪問団in新竹市

ブルガリア訪問団

こども海外派遣事業in新竹市

ホストタウンの取組

事前キャンプ誘致

 岡山市は岡山県や各競技団体等と連携して、東京2020オリンピック・パラリンピック開催前に行われる台湾代表チーム・選手による事前キャンプ誘致に取組み、台湾パラリンピック委員会と事前キャンプ実施に係る協定を締結しました。

 令和元年度は、パラ・パワーリフティング台湾代表リン・ヤー・シュエン選手(通称:シェン選手)と、日本代表選手による強化キャンプを受入れ、地元選手を交えた合同練習が行われました。

 また、キャンプ期間中には、地元小学校や社会福祉施設を訪問し、パラ・パワーリフティング体験を通じて市民とふれあいました。

シェン選手

台湾代表シェン選手

地元小学生とのふれあいの様子

地元小学生とのふれあい

事前キャンプ実施に係る協定締結

 東京2020パラリンピック事前キャンプ実施に係る協定を、台湾パラリンピック委員会と締結しました。

 東京2020パラリンピック開催前、台湾代表選手が岡山市へ訪れます。皆さん一緒に応援しましょう!

協定締結式の様子

台湾パラリンピック委員会との協定締結式

パラ・パワーリフティング 競技用ベンチプレス台製作

 岡山市におけるパラ・パワーリフティングの練習環境整備に役立ててもらおうと、岡山南ロータリークラブ協力のもと、地元高校生がパラ・パワーリフティング競技用ベンチプレス台を製作し、岡山パラ・パワーリフティングクラブへ贈呈しました。

 製作に携わった生徒は、「競技する選手が使いやすいよう、競技者の意見を取り入れ試行錯誤して作った。パラリンピアンに使用してもらえるのは光栄なこと。」と話してくれました。

 本ベンチプレス台は、東京2020パラリンピックの事前キャンプにて、台湾代表選手らが本大会へ向けた最終調整に使用する予定です。

ベンチ台製作指導

ベンチ台製作

贈呈式の様子

ベンチ台贈呈

お問い合わせ

市民生活局スポーツ文化部スポーツ振興課スポーツ誘致推進室

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1616 ファクス: 086-803-1768

お問い合わせフォーム