ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

スペイン柔道連盟との協定締結について

[2018年2月28日]

ID:16808

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

協定締結式

岡山市は、平成29年12月4日にスペイン柔道連盟と「2020東京オリンピック競技大会における事前キャンプに関する協定」を締結しました。
この協定は、平成29年7月10日~26日の間、スペイン柔道女子の代表選手が環太平洋大学(IPU)で合宿した際に、岡山のおもてなし、練習環境を気に入っていただき実現したものです。
協定締結式には、スペインよりファン・カルロス・バルコススペイン柔道連盟会長が出席され、岡山県知事、岡山市長、岡山県柔道連盟会長、環太平洋大学副学長の5者で協定が締結されました。
式典後の取材にバルコス会長は、「柔道だけでなく日本文化を学ぶチャンスにしたい」とコメントしていました。柔道の強化はもちろんですが、日本の、そして岡山の文化を学んでいただき、岡山のファンになってもらいたいですね。
この度の協定締結により、「2020年東京オリンピックの事前キャンプに岡山市の施設を使用すること」や「柔道を通じた相互交流を実施すること」等が約束されました。
岡山から強豪選手を多数輩出している環太平洋大学で、今後も実りある強化合宿をしていけば、2020年にはスペインから多くの選手がオリンピックに出場し、素晴らしい成績を残せると思います。みんなで応援しましょう!

協定締結式の様子その1
協定締結式の様子その2

協定締結式概要

  • 日時:平成29年12月4日(月曜日)17:20~
  • 会場:ホテルグランヴィア岡山「パール」
  • 調印者:岡山県知事 伊原木隆太
    岡山市長 大森雅夫
    岡山県柔道連盟会長 内野幸重
    環太平洋大学副学長 村上尚徳
    スペイン柔道連盟会長 ファン・カルロス・バルコス
協定書その1
協定書その2
協定書その3

ひとくちMemo

この度調印式に出席されたスペイン柔道連盟のバルコス会長は、国際柔道連盟の審判主任理事で、柔道のルール変更に大きな影響力を持っている方です。日本のお家芸といわれる柔道ですが、遠いスペインの地に凄い人物がいることを知りました。

お問い合わせ

市民生活局スポーツ文化部スポーツ振興課スポーツ誘致推進室

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1616 ファクス: 086-803-1768

お問い合わせフォーム