ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

ブルガリア共和国バドミントン連盟との協定締結について

[2018年2月26日]

ID:16798

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

協定締結式

岡山市は、ホストタウン対象国であるブルガリア共和国と、平成29年12月3日に岡山県内では初めてとなる「2020東京オリンピック競技大会における事前キャンプに関する協定」をブルガリア共和国バドミントン連盟と締結しました。
これは、岡山市の誘致活動に対し、ブルガリア共和国バドミントン連盟より強化合宿の実施及び協定の締結について打診があり、実現したものです。
協定締結式には、駐日ブルガリア大使館からボリスラフ・コストフ特命全権大使もお祝いに駆け付けてくださいました。
ブルガリア共和国の代表選手ほか多くの関係者が列席する中、ブルガリア共和国バドミントン連盟会長、岡山県バドミントン協会会長、岡山県知事、岡山市長の四者により協定が締結されました。
式典後の取材に大森市長は、「岡山でも盛り上がっていき、日本全国のムードの盛り上がりにつながっていけばうれしい。」とコメントしていました。
協定では、「2020年東京オリンピックの事前キャンプを岡山市で実施すること」や「バドミントンを通じた相互交流を実施すること」等を約束するとなっています。
2020年には多くのブルガリア選手にオリンピック出場を決めていただき、岡山市でコンディションを整えて、素晴らしい成績を残してもらえるよう、岡山市も全力でサポートしていきます。

協定締結式の様子その1
協定締結式の様子その2
協定締結式の様子その3

協定締結式概要

  • 日時:平成29年12月3日(日曜日)15:00~
  • 会場:岡山ロイヤルホテル光琳の間
  • 調印者:ブルガリア共和国バドミントン連盟会長 ピュザント・カサビアン
    岡山市長 大森雅夫
    岡山県知事 伊原木隆太
    岡山県バドミントン協会会長 岡﨑彬
協定書後
協定書前

ひとくちMemo

ブルガリアでは、契約の時にスタンプを押す習わしがあるようで、この度の協定調印でもバドミントン連盟のスタンプを署名の隣に押印されました。改めて、国によって様々な文化があることを知りました。

お問い合わせ

市民生活局スポーツ文化部スポーツ振興課スポーツ誘致推進室

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1616 ファクス: 086-803-1768

お問い合わせフォーム