ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

柔道台湾代表選手のキャンプが行われました。(平成29年8月10日~8月14日)

[2018年3月7日]

ID:16825

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

キャンプ内容

平成29年8月10日(木曜日)から8月14日(月曜日)までの5日間、岡山市で柔道台湾代表選手の強化合宿が行われました。
この合宿は、岡山と台湾(新北市淡水区)の小学生柔道選手の相互交流事業を行っている(公社)岡山県柔道整復師会や岡山県柔道連盟のはたらきかけにより実現したものです。
合宿に参加したのは、男子81キログラム級の洪紹庭選手と女子52キログラム級の連珮如選手、白昭宏コーチの3名で、岡山商科大学錬成館で大学の選手約40名と一緒に寝技や立ち技の練習に励みました。

練習風景その1
練習風景その2
練習風景その3

地元交流事業など

岡山武道館で開催された「日台国際少年柔道選手権大会2017」に出場した台湾の小学生選手16名と、岡山の小学生選手約40名による交流練習会へ、台湾代表選手とコーチが招かれました。
台湾代表選手の豪快な内股などを間近で見た子供たちは、その迫力に大喜び。寝技や乱取りでは積極的に代表選手に挑みました。代表選手にはまだまだ敵わないですが、直接指導を受けた子供たちは、充実した稽古ができたと笑顔で話すなど貴重な経験になったようです。

地元交流事業の様子その1
地元交流事業の様子その2
地元交流事業の様子その3
地元交流事業の様子その4

ひとくちMemo

連珮如選手は姉の連珍羚選手とともに山梨学院大学に留学していたことから、日本語がとても上手く、子供たちとの会話を日本語で楽しんでいました。
(公社)岡山県柔道整復師会が行っている岡山と台湾の相互交流事業は、2014年より始まり今回で4回目とのこと。この交流により代表選手と一緒に稽古した岡山と台湾の子供たちが、いつの日かオリンピックの舞台で再会することもあるかもしれませんね。
また、台湾選手団より扇子をお土産品としていただきました。

お土産の品

キャンプ概要

  • 合宿期間:平成29年8月10日(木曜日)~14日(月曜日)5日間
  • 参加者:選手2名、コーチ1名 計3名
  • 練習会場:岡山商科大学錬成館
  • 補助事業者:(公社)岡山県柔道整復師会

お問い合わせ

市民生活局スポーツ文化部スポーツ振興課スポーツ誘致推進室

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1616 ファクス: 086-803-1768

お問い合わせフォーム