ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

3×3バスケットボール男子日本代表候補のキャンプが行われました。(平成31年2月14日~2月17日)

[2019年3月5日]

ID:16624

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

キャンプ内容

東京2020オリンピックより正式競技種目となった、3×3(スリー・バイ・スリー)男子日本代表候補27名によるキャンプが行われました。
(キャンプ期間:平成31年2月14日(木曜日)~2月17日(日曜日))

昨年度に続き2回目の実施となりますが、前回の一般社団法人岡山県バスケットボール協会と地元「トライフープ岡山」による受入体制が大変好評だったことから、今回のキャンプ実施に至りました。
今回の目的は、2019年5月開催予定の「FIBA3x3アジアカップ2019」、及び6月開催予定の「FIBA3×3ワールドカップ2019」、そしてその先の「東京2020オリンピック」に向けた日本代表選手の選考・強化活動の一環として行われました。
昨年のアジアカップで銅メダルを獲得した落合知也選手をはじめ、地元「トライフープ岡山」所属の長谷川聖選手や比留木謙司選手、Bリーグで活躍する選手など豪華な顔ぶれが勢揃い。代表生き残りをかけ、白熱した練習が繰り広げられました。

練習の様子1
練習の様子2
練習の様子3
練習の様子4

3×3は、5人制バスケットボールより一回り小さなボールを使用し、ハーフコートで行われる3人制バスケットボールです。ゲーム展開が早く次々と得点シーンが見られることに加え、激しいコンタクトが起こるプレーは迫力抜群で、バスケットボールの魅力が凝縮されていました。
また、一般公開練習では、県内外から多くの観客が来場され会場は超満員。選手のプレーに歓声が湧き、カメラを手にお気に入りの選手を撮影したりと、3×3の注目度の高さが改めて感じられました。

市長表敬訪問・歓迎式

キャンプ初日、地元「トライフープ岡山」所属の長谷川聖選手と、「越谷アルファーズ」所属の落合知也選手らが、岡山市長を表敬訪問されました。両選手は、今回のキャンプに掛ける意気込みや、スポーツの楽しさを岡山の皆さんに伝えたいと語ってくれました。
翌日、今回の練習会場となる岡山商科大学で開催された歓迎式では、大森市長をはじめ、岡山県、おかやまスポーツプロモーション機構や岡山商科大学大﨑副学長も参加していただき、選手らを歓迎しました。

市長表敬訪問の様子1
市長表敬訪問の様子2
歓迎式の様子1
歓迎式の様子2

地元交流事業

キャンプ最終日には、県内中学生29名を対象に、3x3日本代表トーステン・ロイブルディレクターコーチによるクリニックが実施されました。

ロイブルコーチは子どもたちへの指導はお手のもの。最初は、ボールを使わずリズミカルに体を動かすゲームを楽しみました。ゲームで失敗すると、子どもたちだけでなく会場にいた保護者や引率の先生、そして日本代表スタッフまで、会場にいるみんなで一緒に腕立て伏せをする罰ゲームが待っていました。戸惑う大人たちに「バスケットで大切なのは仲間との一体感!」と一喝!会場は笑いに包まれ大盛り上がり。これで子どもたちはすっかりリラックスしたようでした。
次に、基本動作やパス(5歩の距離)などを教えてもらいました。ロイブルコーチは「バスケットボールは技術で相手を圧倒できるスポーツ」と伝え、特に1対1に力を入れてほしいと、子どもたち一人一人を熱心に指導されていました。
交流事業には、なんと昨年のアジアカップで銅メダルを獲得した鈴木慶太選手も参加。一緒にプレーした中学生は、緊張した面持ちと飛び切りの笑顔を織り交ぜ「夢のような時間」と大興奮。トップ選手とのふれあいを楽しんでいました。

そして、最後はみんなで「アイ ラブ バスケットボ~ル!」と大声で叫び、笑顔あふれるクリニックを締めくくりました。

地元交流事業の様子1
地元交流事業の様子2
地元交流事業の様子3
地元交流事業の様子4

ひとくちMemo その1

キャンプで代表候補選手が激しい練習を繰り広げる中、一方では、その練習を支える人たちがいるのも忘れてはなりません。
今回の練習会場となりました岡山商科大学男子バスケットボール部員の皆さんは、自身の部活動の合間を縫い、コート整備などの準備を引き受けてくださいました。地元岡山で行われるキャンプは、こうした方々のご協力により成り立っています。これからも「オール岡山」でのキャンプ受入を続けて参りたいと思います。

会場の様子1
会場の様子2

ひとくちMemo その2

2017年6月、3×3は東京2020オリンピックの新種目として正式採用されました。現在、男子日本代表は世界ランキング第4位(H31.2末時点)と、本大会への出場の可能性が非常に濃厚です。昨年出場した「FIBA 3×3アジアカップ2018」では、国際大会で初めて銅メダルを獲得するなど注目度は高まっており、この岡山でキャンプをした選手が東京2020オリンピックで見られるかもしれません。これからの活躍に期待大です!

会場の様子3
会場の様子4

お問い合わせ

市民生活局スポーツ文化部スポーツ振興課スポーツ誘致推進室

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1616 ファクス: 086-803-1768

お問い合わせフォーム