ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

新型コロナウイルス感染症の労災保険給付について

[2022年11月28日]

ID:44511

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

業務によって感染した場合、労災保険給付の対象となる場合があります!

業務によって新型コロナウイルス感染症へ感染した場合、労災保険給付の対象となる場合があります。

対象となる場合

○感染経路が業務によることが明らかな場合

○感染経路不明の場合でも、感染リスクが高い業務※に従事し、それにより感染した蓋然性が強い場合

※(例1)複数の感染者が確認された労働環境下での業務
※(例2)顧客等との近接や接触の機会が多い労働環境下の業務

○医師・看護師や介護の業務に従事される方々については、業務外で感染したことが明らかな場合を除き、原則として対象

○病状が持続し(罹患後症状があり)、療養等が必要と認められる場合も保険給付の対象


詳しくは、厚生労働省ホームページのQ&A(項目「5労災補償」)をご覧ください。

厚生労働省ホームページ( 「新型コロナウイルスに関するQ&A(労働者の方向け)」別ウィンドウで開く

労災保険の種類

 業務に起因して感染した労働者の方やそのご遺族の方は、正社員、パート等の雇用形態によらず、次のような保険給付を受けられます。
 また、保険給付の請求は、労働者ご自身が行うものです。感染経路が不明であることなどにより、請求書に会社からの証明が受けられない場合、まずは労働基準監督署にご相談ください。

療養補償給付

(1) 労災指定医療期間を受診すれば、原則として無料で治療を受けることができます。
(2) やむを得ず労災指定医療機関以外で治療を受けた場合、一度治療費を負担してもらい後で労災請求をすることで、負担した費用の全額が支給されます。

休業補償給付

療養のために仕事を休み、賃金を受けていない場合、給付を受けることができます。
■給付日:休業4日目から
■給付額:休業1日目あたり給付基礎日額の8割(特別支給金2割含む)
 *原則として「給付基礎日額」は発症日直前3か月分の賃金を暦日数で割ったものです

遺族補償給付

業務に起因して感染したため亡くなった労働者のご遺族の方は、遺族補償年金、遺族補償一時金などを受け取ることができます。

お問い合わせ窓口

○労災保険相談ダイヤル
電話番号 0570-006031
(受付時間 月曜日から金曜日 9時から17時まで)
(土・日・祝日、年末年始除く)

または最寄りの労働局・労働基準監督署まで

お問い合わせ

産業観光局商工部産業振興・雇用推進課雇用推進室

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1315 ファクス: 086-803-1738

お問い合わせフォーム