ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

みんなで守ろうアユモドキ!

[2010年3月24日]

ID:17755

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

アユモドキとは

アユモドキは、岡山県内の河川と、琵琶湖・淀川水系にだけ棲んでいる珍しい淡水魚で、国の天然記念物に指定されています。体の形や肌の色がなどがアユに似ているこからアユモドキといわれています。
親魚の体長は約8~20センチメートルで、体には暗褐色のシマが7~11本あります。3対のヒゲを持つ愛嬌のある顔つきからドジョウの仲間であることがわかります。河川や農業用水に棲み、イトミミズや水棲昆虫などを食べ、石垣のすきまや石の蔭などに隠れるのを好みます。増水時に水没する、草の生い茂った場所で、5~9月に産卵します。
河川や田んぼの改修などによって、棲むところや産卵する場所が少なくなり、絶滅が心配されています。

アユモドキの写真

お問い合わせ

教育委員会事務局生涯学習部文化財課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1611 ファクス: 086-803-1886

お問い合わせフォーム