ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

納税義務者が死亡された場合

[2020年9月30日]

ID:25145

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

Q.土地や家屋の所有者が亡くなったのですが、必要な手続きについて知りたい。

A.法務局で相続登記の手続きを行ってください。

登記されていない家屋の所有者が亡くなった場合については、法務局で建物表題登記および所有権保存登記の手続きを行ってください。

土地・家屋の所有者が亡くなられてからおおむね3か月以内に登記の手続きが完了しない場合は、登記されるまでの間土地・家屋を現に所有している方から住所、氏名など必要な事項を申告していただく必要があります(現所有者に関する申告書)。


現所有者に関する申告書

令和2年10月1日から、土地・家屋の固定資産税・都市計画税について、所有者が亡くなられた場合、土地・家屋を現に所有している方(相続人など)に、住所、氏名など必要な事項を申告していただくことになりました。


申告が必要な方

土地・家屋の所有者が亡くなられたことにより、令和2年10月1日以降に現に所有している者であることを知った方

現に所有している者とは、法定相続人(亡くなられた方の配偶者、子など)を言います。

申告をされると

申告の内容を基に本市が確認を行い、新たな納税義務者とします。これ以後、納税通知書は新たに納税義務者となられた方(共有の場合は代表者の方)に送付します。

現所有者に関する申告書(記入例)

申告や資産に関するお問い合わせ先

お問い合わせは、資産が存在する区を担当する市税事務所資産税土地係までご連絡ください。

北区市税事務所(086)-803-1178

中区市税事務所(086)-901-1610

東区市税事務所(086)-944-5012

南区市税事務所(086)-902-3512

お問い合わせ

財政局税務部課税管理課 資産税企画係

所在地: 〒700-8554 岡山市北区大供一丁目2番3号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1170 ファクス: 086-803-1748

お問い合わせフォーム