ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

特定医療費(指定難病)助成制度における指定医について

[2018年3月4日]

ID:8125

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

難病法に基づく特定医療費の支給に関する事務のうち、岡山市の区域内で実施されるものにつきましては、平成30年4月1日から岡山市に権限が移譲され、主たる勤務先の所在地が岡山市内の医療機関である医師は岡山市が指定することになりました。
平成30年3月31日までに岡山県が指定した指定医については、平成30年4月1日以降、岡山市が指定したものとみなされます。平成30年4月1日以降の更新、変更、辞退の申請先は岡山市となりますのでご注意ください。

難病法に基づく制度では、医療費助成の申請を行う際に必要な診断書としての「臨床調査個人票」(以下「個人票」という。)の作成は、指定した医師が行うこととなります。
指定医には、「難病指定医」と「協力難病指定医」の2種類が設けられており、それぞれの役割は次のとおりです。

  • 難病指定医:新規及び更新の支給認定のための個人票の作成が可能
  • 協力難病指定医:更新の支給認定のための個人票の作成のみ可能

(注1)医療費助成の対象となる特定医療は、指定医療機関の医師であれば指定医でなくても行えます。
(注2)指定医による個人票の記載は、専門分野に限定されるものではありません。

申請をするときの個人票を書くことができる岡山市内の指定医一覧

新規、更新申請の個人票を書くことができる指定医一覧

岡山市分の指定医の一覧表です。市外分は岡山県のホームページをご覧ください。

更新申請の個人票を書くことができる協力難病指定医一覧

岡山市分の協力難病指定医の一覧表です。市外分については、岡山県ホームページでご確認下さい。

以下につきまして、ご確認をお願いいたします。

指定の要件

難病指定医

次のア、イのいずれかの要件を満たせば、難病指定医として申請することができます。

ア 診断又は治療に5年以上従事した経験があり、申請時点において、厚生労働大臣が定める学会が認定する専門医の資格を有していること。
イ 診断又は治療に5年以上従事した経験があり、都道府県が実施する研修を修了していること。

協力難病指定医

診断又は治療に5年以上従事した経験があり、都道府県等が実施する研修を修了していること。

難病指定医及び協力難病指定医のオンライン研修について

岡山市では、難病指定医(専門医の資格を有する方を除く。)及び協力難病指定医の研修について、今年度から厚生労働省の「難病指定医向けオンライン研修サービス」を活用して実施します。

申請方法

(1)メール送付先(保健管理課)

hokenkanrika@city.okayama.lg.jp
※メールのタイトルに必ず【難病指定医研修申込】と記載してください。

(2)記入内容

  • 受講者氏名
  • 連絡先メールアドレス
  • 主たる勤務先の医療機関名
  • 主たる勤務先の所在地
  • 主たる勤務先の電話番号

研修利用申込後から指定医申請までの流れ

(1)当課から受講用ID及びパスワードを通知

ID等は、申込日以降に、利用申込時に登録されたEメールアドレスへお送りします。

(2)オンライン研修の受講及びテストの実施

岡山市から通知のID及びパスワードを使用し、以下の研修サイトにアクセスの上、受講してください。
「難病指定医向け」「協力難病指定医向け」の2種類ありますので、いずれかを選択して受講ください。

(3)修了証を印刷

修了証は受講(小テストを含む)完了後、サイトからダウンロードできます。

(4)難病指定医申請(新規・更新)

修了証を添付して、申請を行ってください。

様式集

次の書類をダウンロードし、必要事項を記載の上、保健管理課まで提出してください。

臨床調査個人票(指定難病)記入にあたっての留意事項について

以下につきまして、ご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

保健福祉局保健福祉部保健管理課 管理・予防係

所在地: 〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1251 ファクス: 086-803-1756

お問い合わせフォーム