ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

二酸化炭素消火設備の放出事故について

[2021年4月30日]

ID:29377

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

二酸化炭素消火設備の放出事故を防止するために

 令和3年4月15日、東京都新宿区において、二酸化炭素を消火剤とする不活性ガス消火設備から何らかの原因で二酸化炭素が放出され、死傷者を出す事故が発生しました。

 令和2年度も同様の放出事故が2件発生し、死傷者が出ています。類似の事故発生を防止するため、以下の点に注意してください。

 

作業前に

  • 二酸化炭素消火設備を熟知した消防設備点検資格者等の立ち会いなど、安全対策をとっていますか。
  • 消火設備の起動スイッチを「手動」になっていますか。
  • ボンベ庫内の閉止弁を「開」から「」に切り替えましたか。
  • 関係者以外の方が付近に立ち入らないように対策は取りましたか。
  • 建物関係者等と作業内容について、情報共有を行いましたか。
  • 緊急停止ボタンの位置を確認しましたか。
  • 退避方法について確認しましたか。

誤作動した場合

  • 退避を促す警報が鳴ります。焦らず「緊急停止ボタン」を押し、起動を止めてください。
  • 緊急停止ボタンが押せない場合、または、消火剤が放出した場合は、作業している場所(区画)から退避し、119通報してください。
  • 付近に人が近づかないよう二次災害防止に努めてください。
  • 建物関係者及び消防設備業者へ状況を連絡してください。

作業後に

  • 起動切替スイッチを元の状態に戻したか、確認してください。
  • ボンベ庫内の閉止弁を「閉」から「」に必ず切り替えてください。


警告メッセージ

 消火剤が放出される前に警告音とメッセージが流れます。この音を聞いたら、付近にいる方はその場から離れてください。

 ※メッセージは機種によって違う場合があります。

メッセージ内容

 (例) 「火事です。火事です。消火剤を噴出します。危険ですので避難してください。」

音声メッセージ

お問い合わせ

消防局消防総務部予防課 査察指導係

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-234-1199 ファクス: 086-234-1059

お問い合わせフォーム