ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

南方遺跡出土のイノシシ(ブタ)

[2010年2月3日]

ID:5030

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

収蔵品紹介 第26回

イノシシ(ブタ)頭骨
  • 名称
    イノシシ(ブタ)頭骨
  • 出土遺跡
    南方遺跡
    岡山市北区国体町
  • 時期
    弥生時代中期

南方遺跡からは木器や土器だけでなく、動物や魚の骨などもたくさん見つかりました。動物の骨はイノシシ、シカ、イヌなどが多く見つかっています。
このイノシシの骨は頭のほうの骨と下あごの骨は別々に出土した別のイノシシの物ですが、筋肉のつながる部分などに刃物の傷があり、解体して食べたもののようです。しかし、下あごの骨をみると、下顎枝の部分(あごの奥の部分)に穴が開けられているのがわかります。これは下あごの骨ばかり12個が整然と並んで見つかったもので、もとはこの穴に棒などを通してぶら下げお祭りに使ったり、魔よけなどとして祀られていたものと思われます。こうした習俗は近年まで南九州などに残っていたようです。
なお、このイノシシの骨は、縄文時代のイノシシに比べあごの長さが短いなどの違いがあることから、家畜化されたブタではないかとの説もあります。

このページに関するお問い合わせ先

岡山市埋蔵文化財センター

電話:086-270-5066 ファクス:086-270-5067
所在地:〒703-8284 岡山市中区網浜834-1[地図別ウィンドウで開く
開庁時間:月曜日から土曜日(ただし、祝祝日および年末年始の休日をのぞく。)
午前9時から午後4時30分まで
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。