このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  医療・健康 >  医療助成 >  岡山市の難病対策トップページ



ここから本文です。

岡山市の難病対策トップページ

難病の方へ向けた医療費助成制度について

「難病の患者に対する医療等に関する法律」(平成26年法律第50号)に基づき指定される指定難病について、治療方法の確立等に資するため、難病患者データの収集を効率的に行い治療研究を推進することに加え、効果的な治療方法が確立されるまでの間、長期の療養による医療費の経済的な負担が大きい患者を支援する制度です。

【1】特定医療費(指定難病)について

(1)指定難病

原因が不明で治療方法が確立していないいわゆる難病のうち、厚生労働大臣が定める疾病を「指定難病」といいます。
 病状の程度など一定の基準を満たす方に対して、患者さんの医療費の負担軽減のため、特定医療受給者証を交付し、医療費の自己負担部分について公費負担を行います。

(2)特定医療費(指定難病)の内容・申請について

(3)特定医療費(指定難病)の指定医療機関について

 特定医療費の支給対象となるのは、指定医療機関で受診した指定難病に関する医療となります。
※難病法に基づく指定医療機関であれば、岡山市以外の自治体で指定された医療機関であれば支給対象となります。

(4)特定医療費(指定難病)の指定医について

 新規申請・更新申請等の際、提出していただく診断書(臨床調査個人票)の作成ができるのは、以下の指定医のみとなります。
・【新規・更新・病名変更・病名追加】=難病指定医
・【更新申請のみ】=難病協力指定医

(5)特定医療費(指定難病)申請様式集

難病情報センターはこちら

このページの先頭に戻る

被災された方へ

平成30年7月西日本豪雨で被災された方の受給者証の取扱い等に関する厚生労働省からのお知らせ

このページの先頭に戻る

【2】特定疾患治療研究事業の医療費について

スモン・プリオン病(ヒト由来乾燥硬膜移植によるクロイツフェルト・ヤコブ病)の方については、新規・更新申請を受け付けています。(平成29年5月現在)
 難治性肝炎のうち劇症肝炎、重症急性膵炎の方については、更新申請のみ受け付けています。(新規申請の受付は平成26年12月31日で終了しました。)

このページの先頭に戻る

【3】難病患者の方への療養相談支援

(1)療養相談、講演会、医療福祉相談会、患者会の紹介

 保健所では、難病患者さんやご家族の方への電話相談、面接相談、訪問相談等を行っています。
 (相談内容は療養相談、就労相談など)

 また、病気に関する講演会や相談会、患者同士の交流会、患者会の紹介等を行っています。「てくてく通信」で情報発信しています。
 詳しくは、岡山市難病相談支援センターへ
 (岡山市保健所健康づくり課内:岡山市保健福祉会館2階)

(2)在宅人工呼吸器使用患者支援事業

 在宅で人工呼吸器を装着し療養されている指定難病の患者さんが、診療報酬で定められた回数を超える訪問看護を受ける場合、その回数を超えた訪問看護料について公費負担を受けられる制度です。

(3)障害者総合支援法(難病等)

 障害者手帳をお持ちでなくても、国の定めた疾病の方で、必要と認められた方は、障害福祉サービス・相談支援・補装具及び地域生活支援事業の利用ができます。

◆詳細はお問い合わせください

〒700-8546
 岡山市北区鹿田町一丁目1-1
 岡山市保健福祉会館2階
 電話:086-803-1271
 FAX:086-803-1758
【業務時間】平日 8:30~17:15
【開庁日】月曜日から金曜日 ※祝日・年末年始は閉庁

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

保健所 健康づくり課 特定疾病係
電話:086-803-1271 ファクス:086-803-1758
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。