ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

薬物依存症対策

[2017年4月24日]

ID:4221

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

薬物依存症になる可能性のある薬物

薬物には、法律で禁止されている覚せい剤、大麻、コカインなどの他に、病院で処方される睡眠薬、抗不安薬などの向精神薬、一般のお店で買える鎮咳薬や鎮痛薬、風邪薬も含まれます。
危険ドラッグは、ハーブ、お香、リキッドなどの名前で販売されることがありますが、いろいろな薬を混ぜているために成分が特定できないものも多く、副作用で命を落とすこともあります。

薬物依存症になる可能性のある薬物

薬物依存症とは

  • 薬物の乱用を繰り返すことにより、薬物の効果が切れ、薬物が欲しいという強い欲求(渇望)がわいてきて、その渇望をコントロールできずに薬物を使ってしまう状態をいいます。
  • 特別な人格をもつ人がなるものではなく、どんな人でもなる病気です。
    さまざまなストレスを受けたり、孤立したりしている時に、好奇心や知り合いから誘われることなどをきっかけに、依存症になったりしてしまいます。
  • 慢性の、進行する病気です。病気が長期化することで、家族・対人関係の悪化、逮捕等につながり、身も心も人間関係もボロボロになっていきます。
    こうした苦しみを軽減しようとして、さらに薬物を使う悪循環に陥りやすくなります。
  • 治療により回復は可能ですが、常に再発と隣り合わせの病気で、薬物をやめていても、再び使用すると、すぐもとの使用パターン(自分でコントロールできない使用)に戻ります。
  • 薬物依存症は、1人きりで治すことが難しい病気です。
    相談機関や専門の医療機関で相談したり、自助グループに参加したりすることで、回復することが可能です。

薬物依存が形成されるまで

依存性薬物を使用することの最大の恐さは、依存が形成されることにあります。
薬物使用を続けることにより、脳や体へのダメージが増幅します。
いったん依存が形成されると、上手に使用し続けることはできず、断薬を徹底するしかありません。

薬物依存が形成されるまで

薬物依存症からの回復

  • 薬物依存症を治す特効薬はありません。
    しかし、適切な指導を受け続けて、薬物を使わない生活を繰り返せば、社会人として何の問題もない生活をおくることができます。
    それを「回復」といいます。
  • 外来治療が基本です。一時的に薬物が手に入らない環境をつくる必要がある場合には、入院も必要になります。
  • 「治す」というよりは、薬物依存症を糖尿病や高血圧症のような慢性疾患としてとらえて、薬物を使わない生活を続けるという自己コントロールの継続が目標となります。
  • 回復には、それまでの薬物使用に関係していた状況(人間関係、場所、お金、感情、ストレスなど)を整理・清算し、薬物を使わない生活を持続させることが必要です。
  • 回復への道筋を一人で作るのは難しいといわれています。薬物を使わない生活を持続するためには、専門の医療機関で治療を受けることや相談機関で相談すること、自助グループに参加して、薬物を使わない生活と新しい仲間をつくることが大切です。

薬物依存症への家族の対応

  • 借金を肩代わりするなど、本人が起こした問題の尻拭いをするのは、本人が自分の問題として自覚しにくくなるのでやめましょう。
  • 薬を止めるよう家族が説得したり、約束させてみても効果は期待できません。
    良かれと思うことであっても、本人をコントロールすることはやめましょう。
  • 本人とは適切な距離をおき、自分のペースを守りましょう。
  • 家族は自分の感情、考え、都合などを、「私は~と思う」と冷静に伝えましょう。
説得や説教では、本人は耳をふさいでしまいます。前向きな言い方に工夫することで、意思疎通しやすくなり、家庭全体の雰囲気が改善したり、治療の場につなげるチャンスが増えたりします。

お問い合わせ

保健福祉局保健福祉部こころの健康センター

所在地: 〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1273 ファクス: 086-803-1772

お問い合わせフォーム