ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

岡山アルコール依存症早期支援ネットワーク

[2010年2月3日]

ID:4199

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

岡山アルコール依存症早期支援ネットワークの窓口

対象者の支援でお困りの場合や、岡山アルコール依存症早期支援ネットワークの内容、研修会などについての詳しいお問い合わせは、以下の連絡先に気軽にお電話ください。また、同ネットワークでは、コアメンバーによる研修会の企画、運営を行っています。メンバーに入りたいという医師・コメディカルの方を歓迎しております。まずはご連絡ください。

電話をかける
依存症に関する相談の窓口 医療機関・その他関係機関の方からの相談窓口 こころの健康センター 依存症担当 086-803-1273 ご本人・ご家族様からの相談窓口 相談専用電話 086-803-1274 時間9時0分~12時0分/13時0分~16:00(土日祝日・年末年始を除く)

岡山アルコール依存症早期支援ネットワークとは

アルコール依存症者は、肝臓病や糖尿病などの内科的治療やケガなどによる外科的治療の経過の中から飲酒問題が浮上してくることが多くあります。かかりつけ医の先生方からも、
”どこに紹介すればよいかわからない!”
”専門病院を紹介しても受診しない!”
”酒をやめる約束をしたのにまた飲んでいる!”
とのご意見をいただきます。
そこで、岡山市では、「岡山アルコール依存症早期支援ネットワーク(以下ネットワーク)を立ち上げ、一般医療機関とアルコール専門病院の連携により、一般医療機関を受診したアルコール依存症者が疑われる患者をより早期にアルコール専門病院につなぐことで、依存症治療の動機づけや治療介入をスムーズに行うためのネットワークシステムを構築することを目的に活動しています。

岡山アルコール依存症早期支援ネットワークの活動内容

課題

アルコール依存症者が必要な専門医療や支援に繋がっていないこと
(専門医療受診率:約4%、市内推計患者数:6,300人)

  1. 内科医等一般医のアルコール依存症対応能力の向上
  2. アルコール依存症支援者の支援ネットワークがない
  3. 支援者のアルコール依存症に対する誤解・偏見の解消と、知識・情報の提供

活動内容

  1. 一般内科医等のアルコールに関する教育研修に関すること
  2. 精神科医、内科医、看護師、ソーシャルワーカー等医療保健福祉関係者の連携に関すること
  3. アルコール依存症の正しい知識の普及に関すること
岡山アルコール依存症早期支援ネットワーク活動内容

岡山アルコール依存症早期支援ネットワークの体系図

ネットワーク活動報告

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

保健福祉局保健福祉部こころの健康センター

所在地: 〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1273 ファクス: 086-803-1772

お問い合わせフォーム