ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

平成19年度アスベスト補足調査結果について

[2010年2月1日]

ID:14359

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

吹付石綿等に含有されるアスベストは、白(クリソタイル)、茶、青石綿以外に、新たにトレモライト等が検出された事例があり、分析調査の徹底が必要とされています。
岡山市の学校園では、平成17年度、平成18年度に引き続き、平成19年度に下記の「補足」調査(再分析)を実施し、トレモライト等についても含有はないことを改めて確認しています。

平成17年度調査

  1. 基発第188号(平成8年)
    X線回析分析法による定性分析(76校園96検体)
  2. 上記の定性分析の結果、アスベスト含有が確認された10検体につき
    基安化発第062201号(平成17年)
    X線回析分析法による定量分析(9校園10検体)を実施

結果、アスベスト含有率1%超の吹付け石綿等<全て白石綿>を上記10検体で確認
<石綿2 ひる石8>は、平成17年度内に9校園全て除去等処理済み

平成18年度(アスベスト含有率0.1%超へ規制強化に伴う)補足調査

  1. JIS A1481(平成18年)
    分散染色法及びX線回析分析法による定性分析(8校園10検体:ひる石等)
  2. 上記による定性分析の結果、アスベスト含有が確認された場合は
    JIS A1481(平成18年)
    X線回析分析法による定量分析(アスベスト含有検体なし)を実施

結果、アスベスト含有率0.1%超の吹付け石綿等は平成17年度調査・処理済み分以外にはないことを確認

平成19年度(トレモライト等を含む吹付け材の判明に伴う)補足調査

平成18年度補足調査で分析した検体(8校園10検体)について
基安化発第0821002(H18)及びJIS A1481に準拠し、再分析

  1. 分散染色法及びX線回析分析法による定性分析(8校園10検体:ひる石等)
  2. 上記定性分析の結果、万一、アスベスト含有が新たに確認された場合は、更に
    X線回析分析法による定量分析(アスベスト含有検体なし)を実施

結果、トレモライト等についても、アスベスト含有率0.1%超の吹付け石綿等は平成17年度調査・処理済み分以外にはないことを確認

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部学校施設課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1577 ファクス: 086-803-1881

お問い合わせフォーム