ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

既存学校施設のバリアフリー化改修基準

[2018年5月31日]

ID:14160

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

一般共通改修基準

1.便所(洋式便器化、段差解消、手摺設置)

(1)洋式便器化

  • 校舎棟単位で、各棟1箇所の各階便所について、男女大便器の1器を洋式に改修する。(標準設計の場合、男子大便器は和2を和1洋1に、女子便器は和5を和4洋1に改修する)
  • 上記が、全校に行き渡った段階で、
    (1)全ての便所について、男女大便器の1器を洋式に改修する。
    (2)更に、女子便器の2器を洋式に改修する。(和4洋1を和3洋2に改修する)
    (注釈)便器の破損等により便器を取り替える必要が生じた場合は、上記にこだわらず、洋式便器への取替を原則とする。(施工性・経済性の観点から)

(2)段差解消

改修便所の洗面所、便所間に段差解消スロープを設置する。

(3)手摺設置

洋式便所1箇所のブース内に手摺((1)型)1基を設置する。

2.通路等(段差解消スロープ)

昇降口及び各校舎棟、体育館を結ぶ渡り廊下(通路)の1以上について、段差解消スロープ(及び手摺)を設置する。

3.階段(手摺)

標準設計以前の手摺機能のない(幅広の人研ぎ製手摺壁仕様等)全ての階段室に手摺を設置する。

個別対応改修基準

障害のある児童生徒(肢体不自由児)への対応として実施するバリアフリー化対策は、指導課及び学校と協議のうえ、障害、介助の状況及び既存施設の実情に応じて必要な改修を実施する。(対個人…個別対応

関連情報

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部学校施設課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1577 ファクス: 086-803-1881

お問い合わせフォーム