ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

アスベスト0.1%超1%以下含有吹付け石綿等の使用実態調査(補足調査)

[2010年2月1日]

ID:14356

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

調査方針及び調査結果について

経緯

  • 平成18年9月1日
    労働安全衛生法施行令及び石綿障害予防規則の改定・施行
    (建材中のアスベストの規制対象が1%超から0.1%超に強化)
  • 平成18年10月25日
    岡山県教育庁経由文部科学省から10月13日付け標記調査依頼
    (調査対象等、内容は前回平成17年度調査に同じ)
  • 平成18年12月14日
    下記により検査機関にJIS A 1481成分分析を依頼

「補足調査」の調査対象建材

  • 前回調査で14件中8件のアスベスト1%超含有が確認されたひる石について、前回の成分分析調査で「アスベスト無し(1%以下)」と判定された6件を全数再調査
  • パーライトについては、前回同様、アスベスト含有の可能性は少ない(前回24件の成分分析結果アスベスト含有0件)が、念のため、建設年度の異なる施設から抽出調査

成分分析方法

「建材中のアスベト含有率の測定方法」として、新たに、平成18年3月25日、JIS A 1481が制定されたため、「補足調査」は、このJIS A 1481により実施

  • JIS定性分析によりアスベスト含有が判明した場合は、定量分析により含有率を確認

万一、アスベスト0.1%超1%以下含有の建材が判明した場合の対応方針

  1. 室内アスベスト濃度測定
  2. 建材保全状態の現地目視再調査を速やかに実施のうえ、前回平成17年度調査時の対応方針に準じ対策を講じる。

成分分析結果

平成19年1月20日付 検査機関より定性分析結果報告
ひる石6件、パーライト4件 計10件

全て「アスベスト含有無し(0.1%以下)」

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部学校施設課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1577 ファクス: 086-803-1881

お問い合わせフォーム