ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

新型コロナウイルス感染症の影響による認定期間の延長の取扱いについて

[2020年5月19日]

ID:21147

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「育児休業復帰予定」等による保育の認定期間が令和2年6月末までとなっている保護者の方へ

「育児休業復帰予定」、「採用予定」及び「求職活動」を事由とする保育の必要性の認定期間が令和2年6月末までとなっている方について、新型コロナウイルス感染症の影響により、勤務に至らなかったり、就職が決まらなかったりする場合の、認定期間の延長の取扱いを次のとおりとします。
(令和2年5月19日更新)

  • 認可保育園、認定こども園(保育利用)及び地域型保育事業を、現在利用中の方が対象です。

新型コロナウイルス感染症の影響による認定期間の延長の取扱い

認定期間の延長にあたって書類の提出が必要となる場合、書類の入手先及び提出先はいずれも、市就園管理課、各福祉事務所・支所、各利用施設です。
関係書類は、市ホームページからダウンロードすることも可能です。

認定事由が「育児休業復帰予定」の場合

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、育児休業から復帰できない場合について、認定期間の取扱いは次のとおりです。

【従前の取扱い】(令和2年4月10日公表)

  • 『申立書』の提出により令和2年6月末まで認定期間を延長しています。

⇒【今後の取扱い】(令和2年5月19日公表)

  • 認定期間を職権で令和2年7月末まで延長します。(保護者の方による手続きは不要です。)
  • 〔認定期間延長後〕 令和2年7月中には育児休業から復帰していただく必要があります。
  • 〔認定期間延長後〕 「勤務」の『保育利用事由証明書』を令和2年7月15日までに提出してください。(『保育利用事由証明書』の提出が遅れる場合は、『申立書』に提出時期を記載のうえ、令和2年7月15日までに提出してください。)

認定事由が「採用予定」の場合

採用予定だった方が新型コロナウイルス感染症の影響により勤務を開始できない場合について、認定期間の取扱いは次のとおりです。

【従前の取扱い】(令和2年4月10日公表)

  • 『申立書』の提出により令和2年6月末まで認定期間を延長しています。

⇒【今後の取扱い】(令和2年5月19日公表)

  • 認定期間を職権で令和2年7月末まで延長します。(保護者の方による手続きは不要です。)
  • 〔認定期間延長後〕 令和2年7月中には、勤務を開始していただく必要があります。
  • 〔認定期間延長後〕 「勤務」の『保育利用事由証明書』を令和2年7月15日までに提出してください。(『保育利用事由証明書』の提出が遅れる場合は、『申立書』に提出時期を記載のうえ、令和2年7月15日までに提出してください。)

認定事由が「求職活動」の場合

求職中の方が新型コロナウイルス感染症の影響により求職活動ができなかった場合について、認定期間の取扱いは次のとおりです。

【従前の取扱い】

  • 令和2年4月入園の場合、「求職活動」による認定期間は令和2年6月末までとなっています。

⇒【今後の取扱い】(令和2年5月19日公表)

  • 保護者の方から『申立書』の提出があった場合、認定期間を令和2年7月末まで延長します。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、求職活動ができなかった旨を『申立書』に記載のうえ、令和2年6月15日までに提出してください
  • 〔認定期間延長後〕 令和2年7月中には、採用内定を取得又は勤務を開始していただく必要があります。
  • 〔認定期間延長後〕 「採用内定」又は「勤務」の『保育利用事由証明書』を令和2年7月15日までに提出してください。(『保育利用事由証明書』の提出が遅れる場合は、『申立書』に提出時期を記載のうえ、令和2年7月15日までに提出してください。)

育児休業等を延長し、登園を控える場合の保育料について

育児休業復帰を延長し、登園を控える場合であっても、各保育園においては必要な保育士等の体制確保を行っていることから、在籍期間中の保育料については、ご負担いただく必要があります。

  • 市が登園自粛を要請した期間については、登園を自粛した日数に応じて保育料を日割り計算し、後日還付します。

お問い合わせ

岡山っ子育成局保育・幼児教育部就園管理課 支援係

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1432 ファクス: 086-803-1842

お問い合わせフォーム