ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

新型コロナウイルス関連情報

[2022年5月27日]

ID:19788

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和4年5月20日 岡山市長 大森雅夫 メッセージ

 感染再拡大の懸念のあったGW明けの感染状況は、一時的に感染者数が増加したものの、5月6日の発症をピークに減少傾向にあります。感染者のほとんどが軽症で入院者数は低い状況が続いています。陽性者の割合は、10代・20代で過半数を占め、若い世代を中心に感染が広がっています。

 子どもたちの感染が依然として多いことから、市立学校や保育園等の児童生徒・園児の保護者の皆様に向けた、感染拡大防止のチラシをあらためて作成し、今一度、啓発を行うことといたしました。

 本日5月20日の国の決定を受け、岡山市では、4回目のワクチン接種を5月25日から開始いたします。
 4回目接種の目的は、新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化予防です。
 接種対象者は、60歳以上の方、18歳以上60歳未満の方のうち基礎疾患を有する方、もしくは新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師が認める方です。
 接種券の発送は、5月25日以降、順次、3回目接種完了から5か月経過した18歳以上の方全員に送付いたします。60歳以上の方は、接種券が届きましたら積極的な接種をお願いします。18歳以上60歳未満の基礎疾患を有する方等は、かかりつけ医などと相談のうえ、接種を検討してください。
 詳細は、5月25日以降、全世帯に郵送するご案内や、市ホームページや公式SNS等でご確認いただければと思います。

 現在、20代から40代の接種率が伸び悩んでいる状況です。ご自身や周囲の方を守るために、ぜひ、ワクチン接種へのご協力をお願いします。
 市民の皆様には、引き続き、基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。

 昨日、厚生労働省のアドバイザリーボードで「屋外でのマスクの着用については、周囲の人と距離が十分に確保できる、また距離が十分に確保できない場合でも、周囲で会話が少ない、あるいは一緒に過ごすことが多い間柄の人たちだけであれば、必ずしも必要ない。」また、「2歳以上の未就学児童についても、マスクの着用を一律には求めない。」旨、示されました。マスクについては、熱中症等のリスクを考慮した適切な着用をお願いします。

 また、少しでも体調が悪ければ、外出を控え、速やかに医療機関を受診いただきたいと思います。検査可能な医療機関については、市のホームページに掲載していますので、ご覧いただければと思います。

メッセージ動画

(補足)クリックいただきますとYouTubeが起動し、メッセージ動画をご覧いただけます。


2022年5月27日  岡山市内の新規感染者数

      203
  (補足)前日までに保健所に発生届があった人数

5月27日のコロナ新規感染者数203人 先週の同じ曜日と比べ減少(感染拡大時)

•4月24日:285人(先週比増加)•4月25日:139人(先週比増加)•4月26日:287人(先週比増加)•4月27日:358人(先週比減少)•4月28日:272人(先週比減少)•4月29日:278人(先週比増加)•4月30日:125人(先週比減少)•5月1日:148人(先週比減少)•5月2日:150人(先週比増加)•5月3日:222人(先週比減少)•5月4日:260人(先週比減少)•5月5日:107人(先週比減少)•5月6日:153人(先週比減少)•5月7日:346人(先週比増加)•5月8日:428人(先週比増加)•5月9日:215人(先週比増加)•5月10日:300人(先週比増加)•5月11日:413人(先週比増加)•5月12日:322人(先週比増加)•5月13日:268人(先週比増加)•5月14日:341人(先週比減少)•5月15日:260人(先週比減少)•5月16日:150人(先週比減少)•5月17日:265人(先週比減少)•5月18日:341人(先週比減少)•5月19日:265人(先週比減少)•5月20日:218人(先週比減少)•5月21日:250人(先週比減少)•5月22日:257人(先週比減少)•5月23日:136人(先週比減少)•5月24日:208人(先週比減少)•5月25日:289人(先週比減少)•5月26日:231人(先週比減少)•5月27日:203人(先週比減少)

2022年5月27日 までの岡山市内の累計感染者数

      45768

  (補足)前日までに保健所に発生届があった人数

5月26日時点の患者の入退院等状況
患者数
入院中 宿泊療養施設に入所中自宅療養中退院者等死亡


45768


41


26


1597


43893


96

5月27日に調整中が115人

感染状況・療養状況【拡大は画像をクリックしてください】

令和4年5月15日時点における岡山市の感染状況・療養状況の分析をモニタリング項目別に報告します。はじめに感染状況の報告になります。新規陽性者数(総数)は前回の5月8日時点が1,666人で人口10万人当たり238.0人となり、5月15日現在は2,120人で人口10万人当たり302.8人となります。前回との比較は増加傾向にあります。新規陽性者数(60歳以上)は前回の5月8日時点が113人で総数に占める割合は6.8%となり、5月15日現在は144人で総数に占める割合は6.8%となります。前回との比較は横ばいです。区別新規陽性者数(北区)の判明分のみの数値は前回の5月8日時点が565人となり、5月15日現在は681人となります。区別新規陽性者数(中区)の判明分のみの数値は前回の5月8日時点が461人となり、5月15日現在は499人となります。区別新規陽性者数(東区)の判明分のみの数値は前回の5月8日時点が372人となり、5月15日現在は431人となります。区別新規陽性者数(南区)の判明分のみの数値は前回の5月8日時点が176人となり、5月15日現在は205人となります。新規陽性者における接触歴不明者の判明分のみの数は前回の5月8日時点が321人となり、5月15日現在は376人となります。新規陽性者における接触歴不明者の判明分のみの割合は前回の5月8日時点が52.1%となり、5月15日現在は55.5%となります。PCR検査数は前回の5月8日時点が4,580件で陽性率(速報値)は36.4%となり、5月15日現在は6,012件で陽性率(速報値)は35.2%となります。前回との比較は横ばいです。つづいて、療養状況の報告になります。入院患者数は前回の5月8日時点が37人となり、5月15日現在は39人となります。前回との比較は横ばいです。宿泊療養者数は前回の5月8日時点が38人となり、5月15日現在は51人となります。前回との比較は増加傾向にあります。自宅療養者数は前回の5月8日時点が1,353人となり、5月15日現在は2,134人となります。前回との比較は増加傾向にあります。人口10万人当たりの療養者数は前回の5月8日時点が204.0人となり、5月15日現在は317.7人となります。前回との比較は増加傾向にあります。総括として多数の感染者が発生しており、引き続き警戒が必要です。新規陽性者は人口10万人当たり302.8人と増加。陽性者における割合は、10代と20代で増加し、過半数を占めています。GWの人流増加のためか、若い世代での陽性者の増加が目立ちます。今後、他の世代への感染拡大が懸念され、特に高齢者の感染状況と医療への影響に注視する必要があります。更なる拡大を予防するため、ワクチン接種と、基本的感染防止対策徹底が必要です。

主なお知らせ



新型コロナワクチン接種

PCR検査

岡山市新型コロナウイルス感染症対策本部会議

相談窓口について

新型コロナウイルス感染症にかかる相談窓口についてご紹介します。

保健所からの全般情報

陽性と診断された方・濃厚接触者の方へ

感染者の方へ 

感染者の方へ 令和4年4月1日時点 病状が重い方や重症化リスクの高い方等へ優先的に対応いたします。医療機関から陽性連絡を受け、重症化リスクが高い方から必要に応じて優先対応します。重症リスクが高い方から保健所は感染者へ聞き取り調査を行い、感染者の状態に応じ療養を決定します。濃厚接触者の判定は原則、同居家族を認定致します。(※備考1)※備考1 同居家族のPCR検査は「感染者と接触された方へ」をご確認ください。優先対応が不要な場合は医療機関からの陽性連絡を基に保健所の基本調査及びweb利用で調査への回答依頼を実施し、保健所が本調査及びweb利用での調査を基に再度優先度を判断します。高齢者施設従業員などは保健所が感染者へ聞き取り調査を行い自宅療養となります。(※備考2) 濃厚接触者の判定は同居家族及び聞き取りの結果に応じ施設の従業員及び利用者等が対象です。(※備考3)※備考2 自宅療養者には医療機関もしくは保健所が自宅療養者の症状等に応じ、電話にて健康状態等の聞き取りを行います。※備考3 濃厚接触者となった施設従業員、利用者等のPCR検査は保健所等で行います。軽症、無症状で基礎疾患がなく高齢でない方は原則自宅療養(※備考2)で、濃厚接触者判定は濃厚接触者、原則同居家族とする。(※備考1)※備考1 同居家族のPCR検査は「感染者と接触された方へ」をご確認ください。※備考2 自宅療養者には医療機関もしくは保健所が自宅療養者の症状等に応じ、電話にて健康状態等の聞き取りを行います。

感染者と接触された方へ 

感染者と接触された方へ 令和4年4月1日時点 「感染者の同居家族の方は原則、濃厚接触者として自宅待機をお願いします。待機期間は原則、感染者の発症日または家族での感染対策開始日のいずれか遅いほうの翌日から7日間です。 発熱などの症状があれば、医療機関を受診してください。同居家族全員を対象としたPCR検査は実施しておりません。 PCR検査を希望される場合は、陽性者のPCR検査を実施した医療機関など総合病院を除く身近な診療所へ相談いただくか、受診・相談センターへ連絡ください。 受診・相談センターの電話番号は086-803-1360です。その他、感染者と関係のある方は各自で体調管理をお願いします。 発熱などの症状があれば、医療機関を受診してください。 保健所からの連絡はありません。(注意) 高齢者施設の従業員などが感染者となった場合は、保健所が聞き取り調査を行い、濃厚接触者等を特定します。

自宅に居る陽性者、濃厚接触者の方へ 

自宅に居る陽性者、濃厚接触者の方へ 令和4年4月1日時点症状に変化があれば、保健所を経由することなく、直接身近な医療機関へ連絡をしてください。 発熱・咳など軽微な症状が現れた場合は、まずはかかりつけ医やPCR検査を受けた医療機関など総合病院を除く身近な診療所へ連絡し受診してください。医師より入院が必要だと判断した場合に保健所が医療機関への受診を調整します。医療機関を受診後、必要に応じ入院となります。 高熱が続く・呼吸が苦しいなど重い症状が現れた場合はかかりつけ医、PCR検査を受けた医療機関または受診・相談センターへ連絡してください。受診・相談センターの電話番号は086-803-1360です。 その後保健所が医療機関への受診を調整します。医療機関を受診後、必要に応じ入院となります。

市民の皆さまへ向け情報

感染防止対策にご協力ください

基本的感染防止対策の徹底


  • ワクチン接種済の方も含めて、マスクの正しい着用、手洗い、手指消毒、3密の回避や換気といった基本的な感染防止対策の徹底を継続しましょう。
  • 基本的な感染防止対策は、オミクロン株でも重要です。
  • 3つの密(密集、密閉、密接)が重なるところは感染リスクが最も高いですが、オミクロン株は感染力が強いため、1つの密であってもできるだけ避けましょう。

ワクチンを接種しましょう


  • 2回接種済の方は3回目接種を、未接種の方は接種の再検討をお願いします。

症状がある場合は


  • 発熱などの症状がある場合は、外出や会食等を控えましょう。
  • 軽度の発熱、倦怠感などの症状でも、会社や学校を休み、積極的に医療機関を受診しましょう。

     在宅当番医【岡山市ホームページ】
     休日夜間診療のご案内【岡山市ホームページ】
     発熱外来(日曜・祝日の発熱外来。受診をする場合は、必ず事前に予約の電話をお願いします。)【岡山県ホームページ】

新型コロナに係る相談は


岡山市新型コロナウイルス受診相談センター
(086-803-1360 (平日)午前9時から午後9時、(土日祝)午前9時から午後5時)


新しい生活様式

感染リスクが高まる「5つの場面」

場面1 飲酒を伴う懇親会等 飲酒の影響で気分が高揚すると同時に注意力が低下する。また、聴覚が鈍麻し、大きな声になりやすい。 特に敷居などで区切られている狭い空間に、長時間、大人数が滞在すると、感染リスクが高まる。 また、回し飲みや箸などの共用は感染のリスクを高める。  場面2 大人数や長時間におよぶ飲食 長時間におよぶ飲食、接待を伴う飲食、深夜のはしご酒では、短時間の食事に比べて、感染リスクが高まる。 大人数、例えば5人以上の飲食では、大声になり飛沫が飛びやすくなるため、感染リスクが高まる。  場面3 マスクなしでの会話 マスクなしに近距離で会話をすることで、飛沫感染やマイクロ飛沫感染での感染リスクが高まる。 マスクなしでの感染例としては、昼カラオケなどでの事例が確認されている。 車やバスで移動する際の車中でも注意が必要。  場面4 狭い空間での共同生活 狭い空間での共同生活は、長時間にわたり閉鎖空間が共有されるため、感染リスクが高まる。 寮の部屋やトイレなどの共用部分での感染が疑われる事例が報告されている。  場面5 居場所の切り替わり 仕事での休憩時間に入った時など、居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化により、感染リスクが高まることがある。 休憩室、喫煙所、更衣室での感染が疑われる事例が確認されている。

 令和2年10月23日、新型コロナウイルス感染症対策分科会から、感染しやすい場面や、感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫などに関する提言がありました。年末年始は人の動きが増え、会食や飲酒の機会も増えます。この5つの感染リスクが高まる場面が、皆さんの生活の中に潜んでいないか、ぜひご覧になっていただき、引き続き感染予防に努めましょう。

感染リスクが高まる「5つの場面」別ウィンドウで開く(内閣官房新型コロナウイルス感染症対策ホームページ)



事業者の方向けの情報

市有施設の休館・イベント等

このページに関するお問い合わせ先

岡山市役所

電話:086-803-1000(代表) ファクス:086-225-5487
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[所在地の地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分祝日・年末年始は閉庁