ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

利用者負担額(保育料、利用料、授業料)について

[2020年4月1日]

ID:12934

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和元年10月から、幼児教育・保育の無償化により、保育園、認定こども園、幼稚園等を利用する3歳児から5歳児クラスの子ども及び住民税非課税世帯の0歳児から2歳児クラスまでの子どもについては、利用者負担額が無償化されています
(給食費、通園費、延長保育料や各園で徴収する実費費用は無償化の対象外です。)

利用者負担額の決定方法(0歳児から2歳児の保育利用)

0歳児から2歳児クラスの子どもの保育利用に係る利用者負担額(保育園保育料、認定こども園利用料)は、

  • 世帯の市区町村民税額(均等割及び所得割合算額)

を基礎として、適用する階層区分を決定し、

  • 子どもの年度初日の前日の年齢
  • 同一生計内の子どもの人数
  • 利用区分(保育標準時間、保育短時間)

によって、金額を決定します。

利用者負担額の算定基礎となる市区町村民税額について

  • 前期分(4月分から8月分)は、前年度の税額により算定します。
  • 後期分(9月分から3月分)は、当該年度の税額により算定します。
  • 住宅借入金等特別控除、配当控除、外国税額控除、地方公共団体への寄付金控除、配当割額控除及び株式等譲渡所得割額控除の適用を受ける前の額が算定基礎となります。
  • 政令指定都市においては、平成30年度から市民税所得割の税率が6%から8%に変更されましたが、従前の6%で算出した額が算定基礎となります。

年齢区分について

  • 年度初日の前日(3月31日)の満年齢を基準とします。
  • 年度の途中で年齢が変わっても、利用者負担額の算定における年齢区分は変わりません。

階層区分について

  • 岡山市では、次のとおり17段階の階層区分を設定し、利用区分等に応じた利用者負担額を定めています。
    A階層(生活保護法による被保護世帯等)
    B階層(市区町村民税非課税世帯)
    C1階層からC15階層まで(市区町村民税課税世帯)
  • 詳細は、利用者負担額表をご覧ください。

利用者負担についてのおしらせ(利用者負担額表)

お問い合わせ

岡山っ子育成局保育・幼児教育部就園管理課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1431 ファクス: 086-803-1842

お問い合わせフォーム