ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

健康寿命の延伸

[2017年4月4日]

ID:8107

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

健康寿命ってなに?

一生のうち健康で自立して暮らすことのできる期間を「健康寿命」といいます。
生涯にわたり健康でいきいきと生活するためには、健康な状態でいられる期間を延ばし、できるだけ健康ではない状態の期間を短くすること(健康寿命の延伸)が大切です。

健康寿命の説明図

岡山市の健康寿命はどのくらい?

岡山市の健康寿命は平成28年時点で、男性が71.6歳、女性が74.3歳となっており、平成25年と比べると男性が同じ、女性が0.9歳伸びています。
平均寿命と健康寿命の差は、男性9.9年、女性13.7年と全国平均より長くなっており、この差を縮めることが重要です。

岡山市の健康寿命

健康寿命の推移(全国と岡山市の男女別比較グラフ)

<補足>

  • 平成22年については、国・市とも厚生労働省が平成26年度に公表した数値。
  • 平成25年・平成28年の国については、厚生労働省が平成27年度・平成30年度に公表した数値。
  • 平成25年・平成28年の岡山市については、岡山市が国民生活基礎調査のデータを厚生労働省より取り寄せて算出した数値。

健康寿命にはこんなことが関係しています

食生活や運動習慣など、健康寿命にはどういったことが関係しているのかを調査しました。

分析対象

平成18年又は平成19年に基本健康診査を受診した市民のうち、昭和24年以前に生まれ、かつ平成19年時点で要介護認定を受けていなかった55,900名。

分析内容

「生活習慣」「生活機能評価」について「中重度要介護(要介護2以上)」の発生率に与える影響を検討

分析結果

生活習慣が中重度要介護(要介護2以上)の発生率に与える影響

  • 運動習慣
    1回30分以上かつ週2回以上の運動習慣により、中重度要介護の発生率が20%低減
  • 栄養習慣
    食生活に気を付けると、中重度要介護の発生率が5~15%低減
  • 喫煙習慣
    喫煙により、中重度要介護の発生率が30~50%上昇
  • 肥満度
    標準(18.5≦BMI<25)と比較し「やせ」や「肥満」は、中重度要介護の発生率が40%上昇

生活機能評価が中重度要介護(要介護2以上)の発生率に与える影響

  • IADL(手段的日常生活活動)
    バスや電車で1人で外出する・日用品の買い物をする等の項目に該当すると、中重度要介護の発生率が30~35%低減
  • 抑うつ傾向
    楽しんでできていたことが億劫になる等の項目に該当すると、中重度要介護の発生率が30%上昇

健康寿命の要因分析

生活習慣、生活機能評価について中重度要介護(要介護2以上)の発生率に与える影響を検討結果

健康寿命を延ばすために、岡山市ではこんな取組を進めています!

運動

栄養

  • 食育推進全国大会開催事業
  • スーパー食育スクール事業における成果の普及事業
  • 食生活改善事業
  • 健康相談、健康教育
  • 公民館の健康増進事業
  • 訪問指導事業
  • 介護予防事業

社会参加

基盤整備

お問い合わせ

保健福祉局保健福祉部保健管理課健康寿命延伸室

所在地: 〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1250 ファクス: 086-803-1756

お問い合わせフォーム