ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

賞田廃寺の基壇化粧石

[2010年2月3日]

ID:5166

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

収蔵品紹介 第54回

賞田廃寺の基壇化粧石
  • 名称
    凝灰岩製基壇化粧石(ぎょうかいがんせいきだんげしょういし)
  • 出土遺跡
    史跡 賞田廃寺跡
    岡山市中区賞田
  • 時期
    奈良時代

この基壇化粧石は賞田廃寺西塔から出土したもので、檀上積基壇の地覆石です。賞田廃寺は飛鳥時代末期に創建されたと考えられる寺院跡で、最盛期の奈良時代後半には東塔や西塔などが地方寺院ではまれな檀上積基壇で飾られていたことがこれまでの調査で明らかになっています。石材は凝灰岩製で、香川県さぬき市に所在する「火山」から瀬戸内海を渡って運ばれてきたものです。

このページに関するお問い合わせ先

岡山市埋蔵文化財センター

電話:086-270-5066 ファクス:086-270-5067
所在地:〒703-8284 岡山市中区網浜834-1[地図別ウィンドウで開く
開庁時間:月曜日から土曜日(ただし、祝祝日および年末年始の休日をのぞく。)
午前9時から午後4時30分まで
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。