ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

大久保重五郎爺顕彰碑

[2010年2月3日]

ID:6459

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

岡山の代表的な特産品の「白桃」。白桃は大久保重五郎により発見されました。

大久保重五郎爺顕彰碑

重五郎は、慶応3年(1867)磐梨郡可真村山の池(現在の岡山市東区瀬戸町塩納)の農家に生まれました。青年時代に同村の小山益太に果樹園芸の指導を受け、明治32年(1899)上海桃の実生から優秀な新品種「白水桃(白桃)」を発見しました。
その後、重五郎は大原農業研究所に招かれ園芸を担当し、噴霧器、剪定ばさみ、ぶどう間引ばさみを考案して果樹園芸の発展に努めるとともに、桃の交配を研究し、昭和2年(1927)には新品種「大久保桃」を作り出しました。
「大久保桃」は、県立農事試験場を介して普及奨励が図られ、このことは岡山県が桃の産地として名声を得る基盤となりました。
重五郎の生誕の地には、地元有志の方々により重五郎を顕彰する碑が建てられています。

お問い合わせ

東区役所 瀬戸支所 産業建設課

所在地: 〒709-0897 岡山市東区瀬戸町瀬戸45 [所在地の地図]

電話: 086-952-1114 ファクス: 086-952-2840

お問い合わせフォーム