このページのトップ





ここから本文です。

保育利用ガイド・教育利用ガイド

保育園、認定こども園、幼稚園、地域型保育事業等のご利用にあたっては、各利用ガイドを必ずご確認ください。

保育利用ガイド | 教育利用ガイド |

 保育・幼児教育施設の利用手続や提出書類等は、利用する年度によって異なる場合があります。
 各施設等の利用時期に応じて、該当する年度の「保育利用ガイド」又は「教育利用ガイド」をご確認ください。

保育利用ガイド・教育利用ガイドの配布場所等
名称 配布場所 配布時間
保育利用ガイド 岡山市役所就園管理課、
各福祉事務所、
各支所総務民生課
土・日・祝日を除く、開庁日の午前8時30分から午後5時15分まで
各保育施設
(認可保育園、認定こども園等)
土・日・祝日を除く、平日の午前9時から午後5時まで
教育利用ガイド 岡山市役所就園管理課 土・日・祝日を除く、開庁日の午前8時30分から午後5時15分まで
各幼児教育施設
(幼稚園、認定こども園)
土・日・祝日を除く、平日の午前9時から午後5時まで

保育利用ガイド

 保育園、認定こども園、地域型保育事業等の保育利用(2号・3号認定)については、こちらの「保育利用ガイド」をご覧ください。
 (利用時期に応じて、該当する年度のガイドをご確認ください。)

令和2年度 保育利用ガイド(令和元年10月25日公表)

 令和2年度の認可保育園、認定こども園、地域型保育事業の利用について、前年度からの主な変更点は、以下のとおりです。

【主な変更点】

1 保育利用調整点における保育士加算の見直し
 保育士資格を持つ保護者が、保育に従事するために自身が就労中等の市内の保育施設等に児童の入園を希望する場合、10点加点
2 保育利用調整点における減点項目の追加
 直ちに育児休業からの復帰を希望しておらず、利用調整において低位(減点)の扱いとなることに不服はない場合、合計点数を1点となるまで減点する。
3 同点時基準表の見直し
 優先順位の項目から「希望する保育施設と同じ中学校区に居住している世帯」を削除

 変更内容の詳細は、以下の「令和2年度 保育利用ガイド」にてご確認ください。

※ファイルサイズが大きいため、分割して掲載しています。
※下表のページ((1)~(6))をクリックすると、添付ファイル(PDF)が新しい画面で開きます。

ページ 項目
(1)表紙 表紙「令和2年度保育利用ガイド」、目次
(2)1から21ページ 1 はじめに
2 保育利用をするためには
3 利用できる保育施設等について
4 利用申込等について
5 保育利用調整等について
6 保育施設等の利用者負担額について
7 現況届について
8 地域子ども・子育て支援事業について
(3)22から27ページ 9 (記入例)教育・保育給付認定申請書兼保育利用申込書
10 (記入例)保育利用事由証明書
11 (記入例)疾病負傷証明書・申立書
12 (記入例)内職状況申告書
13 (記入例)マイナンバー届出用紙
(4)28から35ページ 14 認可保育施設一覧 (※)
15 企業主導型保育事業一覧
16 特認登録保育施設一覧
17 認可外保育施設一覧
※「14 認可保育施設一覧」について、保育利用ガイド(冊子)の印刷後、一部施設情報の更新がありましたので、最新版を以下のとおり掲載します。
 「14 認可保育施設一覧」(令和元年10月25日更新版)
(5)36ページ 18 岡山市保育施設等位置図
(6)裏表紙 19 保育利用申込窓口

平成31年度 保育利用ガイド

教育利用ガイド

 幼稚園、認定こども園の教育利用(1号認定)については、こちらの「教育利用ガイド」をご覧ください。
 (利用時期に応じて、該当する年度のガイドをご確認ください。)

令和2年度 教育利用ガイド(令和元年10月25日公表)

平成31年度 教育利用ガイド

関連情報

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

岡山っ子育成局 保育・幼児教育部 就園管理課 支援係
電話:086-803-1432 ファクス:086-803-1842
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。