このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  住まい・生活 >  生活にお困りの方 >  住居確保給付金の支給について



ここから本文です。

住居確保給付金の支給について

離職により住宅を失った方、またはそのおそれが高く生活に困窮している方について、一定期間家賃を支給します。

住居確保給付金について

◇支給対象となる方

  • 申請時に65歳未満で、2年以内に離職したこと
  • 離職前に世帯の主な生計維持者であったこと
  • 常用就職への意欲があり、ハローワークへ求職申し込みを行うこと
  • 住宅を失っているまたは失うおそれのあること
  • 国や地方公共団体の雇用施策による貸付または給付を本人や同居の親族が受けていないこと
  • 申請者及び申請者と生計を同一にしている同居の親族いずれもが暴力団員でないこと
  • ※このほか収入や預貯金に関する要件等があります。また、受給中は常用就職に向けた就職活動を行うことが必要です。
  • 収入要件  

    世帯の収入の合計が次の金額以下であること

    • 単身世帯     8.4万円に家賃月額(上限3.7万円)を加算した額未満
    • 2人世帯     13.0万円に家賃月額(上限4.4万円)を加算した額未満
    • 3人世帯~5人世帯 17.2万円に家賃月額(上限4.8万円)を加算した額未満
    • ※世帯人数により収入要件が異なります。

    資産要件

    世帯の預貯金の合計が次の金額以下であること
    単身世帯   50.4万円
    2人世帯    78万円
    3人世帯以上  100万円

    就職活動要件

    • 毎月2回以上、ハローワークの職業相談を受けること
    • 毎月4回以上、自立相談支援機関の面接等の支援を受けること
    • 原則として、週1回以上、求人先へ応募または面接を受けること

    支給上限額

  • 月ごとに家賃額を支給します。
  • ただし、申請日の属する月における、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の収入合計額が、基準額を超える場合については、下記の計算式により算出される金額を支給します。
  • 支給額=家賃額-(月の世帯の収入額-基準額)
  • ※支給額に100円未満の端数が生じたときは、端数金額を切り上げて計算します。
  • 支給期間・支給方法

    ・支給期間
    原則3ヶ月
    *一定の条件を満たす場合、最大9ヶ月

    ・支給方法
    *岡山市から、不動産媒介業者等の口座に直接振りこみます。

    受付窓口

    【相談支援窓口】
    (支援拠点)
     ●岡山市寄り添いサポートセンター
      岡山市北区鹿田町一丁目1番1号
      岡山市保健福祉会館7階 岡山市社会福祉協議会内

    (サテライト窓口)
     ○岡山市寄り添いサポートセンター・サテライト中
      岡山市中区赤坂本町11番47号
      中区福祉事務所2階 岡山市社会福祉協議会中区事務所内

     ○岡山市寄り添いサポートセンター・サテライト南
      岡山市南区福田690番地1
      南ふれあいセンター1階 岡山市社会福祉協議会南区南事務所内 
     
     ◎電話による相談も受け付けます(支援拠点につながります)
     無料相談電話:(フリーダイヤル)0800-200(つまり)-8730(はなそー)

    【相談受付時間】
     月曜日~金曜日(祝日、年末年始を除く)
     8時30分~17時

    より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

    質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
    質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


    このページに関するお問い合わせ

    保健福祉局生活保護・自立支援課 自立支援係
    電話:086-803-1215 ファクス:086-803-1721
    所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
    開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
    Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


    ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。