ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

新型コロナウイルスなどの感染症対策としての家庭ごみの出し方

[2020年4月1日]

ID:21174

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

家庭ごみの出し方について

外出自粛が続くなか、岡山市でも家庭からのごみの量が増えてきています。ごみの収集運搬・処理の円滑化のため、ごみの減量にご協力ください。
新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点からも、以下のことについて徹底をお願いします。

  • 『ごみ袋の口はしっかり縛る』
    中身が飛び出たごみは収集作業員が集めています。その際の感染リスクが減ります。
  • 『ごみ袋の空気を抜いてからごみステーションへ』
    ごみの収集中にごみ袋の破裂を防ぎます。
  • 『生ごみは水切りを』
    生ごみの80%は水分と言われています。水切りすることでごみの量を減らすことができます。
  • 『普段からごみの減量を心がける』
    購入した食品は食べきるなど、ごみを出さないことも大切です。
  • 『分別ルールと収集日を守る』
    収集作業員や地域の方がルール違反のごみを仕分けています。その際の感染リスクが減ります。
    また、マスクなどごみのポイ捨ては絶対にやめてください。
    みなさまのご協力お願いします。

家庭でのマスク等の捨て方

岡山市内においても、新型コロナウイルス感染症の患者が確認されています。
更なる感染拡大を防ぐため、鼻水等が付着したマスクやティッシュ等のごみを捨てる際は、
『ごみに直接触れない』
『マスクやティッシュは小分けの袋に』
『ごみ袋はしっかりしばって封をする』
『ごみを捨てた後は手を洗う』
以上のことを心がけ可燃ごみの日に出してください。
みなさまのご協力よろしく願いいたします。

環境省が作成したチラシにも、ごみの捨て方のポイントがまとめられています。是非ご覧ください。

お問い合わせ

環境局環境部環境事業課

所在地: 〒700-8554 岡山市北区大供一丁目2番3号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1297 ファクス: 086-803-1876

お問い合わせフォーム