ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

新型コロナウイルス感染症に関連した人権への配慮について

[2022年1月12日]

ID:21142

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市民の皆様へ

新型コロナウイルス感染症に関連した差別はやめましょう!

差別や偏見、心ない言動をなくしましょう!
新型コロナウイルス感染症の市中感染が広がる中で、感染への不安や恐れから、感染された方々やその御家族をはじめ、医療関係者、我が国に居住する外国人の方々、また、私たちの日々の生活を支えてくださる事業者や施設、店舗の方々などに対し、偏見が抱かれ、差別や誹謗中傷がなされています。さらには、インターネット上での悪質な書き込み、心ない言動などが見受けられます。
これらが相次ぐと感染を疑われる症状がでても、検査のための受診や、保健所への正確な行動歴・濃厚接触者の情報提供をためらってしまう人が現れるなど、感染拡大の防止に支障が出る恐れもでてしまいます。
差別や誹謗中傷は決して許されないことであり、そのような心ない言動をしないようお願いします。
また、感染者を非難したり特定するような行為、個人情報をインターネット・SNSに掲載すること、これらの情報をむやみに拡散させることもないようお願いします。

正しい知識に基づいた冷静な対応を!

新型コロナウイルス感染症に関して、いろいろな媒体で多種多様な情報が掲載されていますが、中には不確かな情報や事実とは異なる場合もあります。
このような情報に惑わされることなく、国や市などの公的機関が提供している正しい情報に基づき、人権に配慮した冷静な行動をとっていただくようお願いします。

相手の立場を理解し、思いやる行動を!

新型コロナウイルス感染症は、誰にでも感染しうる病気です。目には見えないウイルスに不安や恐れを感じることもあるでしょうが、私たち一人ひとりがお互いを思いやるこころを持ち、互いを支えあって生活することが大切です。
立ち向かうべき相手はウイルスであって人ではありません。
それぞれの立場で今できることを行っていきましょう!

ワクチン接種を受けていない人への差別はやめましょう!

新型コロナウイルス感染症の感染収束に向けて効果が期待される新型コロナウイルスワクチンですが、接種は強制ではなく、あくまでも任意のものです。接種を受けない方には、病気やアレルギーにより接種ができない方がいるなど、様々な理由があり、そのひとつひとつが尊重されるべきものです。
ワクチン接種を受けていない人に対して、接種の強制や差別、学校や職場等における不公平や不利益な扱いをすることなどがないようお願いします。

人権相談窓口のご案内

関係リンク集

お問い合わせ

市民協働局市民協働部人権推進課 人権啓発係

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1070 ファクス: 086-225-1699

お問い合わせフォーム