ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

岡山市就農サポートセンター

[2010年6月3日]

ID:16993

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

岡山市就農サポートセンターでは、専門の相談員(総合コーディネーター)を配置し、岡山市内で就農を考えている人に対し、農地や住居の情報提供、研修の紹介、行政手続きなど各種相談をお受けしています。
岡山市で農業をすることに興味をお持ちの方は、岡山市就農サポートセンターにご相談ください。

岡山市就農サポートセンター

相談窓口

総合コーディネーター 片山栄太郎

私に何でもご相談ください!

岡山市就農サポートセンターには専門の相談員(総合コーディネーター)を配置しております。
新規就農だけでなく、就農後の経営についてもご相談をお受けしています。お気軽にお問い合わせください。
(不在の場合もありますので、お越しの際はなるべく事前連絡をお願いします。)

業務時間

午前8時30分から午後5時(相談員による対応は月曜日から金曜日(水曜日は除く))

場所

岡山市北区大供一丁目1-1
岡山市役所本庁舎5階 農林水産課内

電話/ファクス

086-803-1347/086-803-1739

相談員

総合コーディネーター 片山栄太郎

相談方法

・県内在住者

  電話、メール相談、面談等(オンラインでの相談を希望される場合は、先に電話かメールにてお問い合わせください。)

・県外在住者

  電話、メール相談、オンライン相談等(Zoom利用。岡山市に移住・定住するための情報サイト「おかやま生活」の専用予約フォームから、3営業日前までに予約ください。)

  ※オンライン相談時は、岡山市市民協働局市民協働企画総務課移住定住支援室職員も同席します。


    オンライン移住相談予約申し込み専用予約フォームへ別ウィンドウで開く


就農相談会

就農相談会の様子の写真

就農相談会の様子

岡山市就農サポートセンターは、岡山県主催の就農相談会や、東京や大阪で開催される全国就農相談会・移住定住相談会にも出展しています。
岡山市内で就農を希望する県外在住の方でも気軽にご相談いただけます。

令和3年度に出展する相談会は以下のとおりです。(※新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、急遽予定を変更することがあります。)

令和3年度に出展する相談会
行事名開催日相談会会場
新・農業人フェア(オンライン出展) 令和3年6月27日(日曜日) 東京国際フォーラム ホールE2
(東京都千代田区丸の内3丁目5-1 )
マイナビ就農フェスト(オンライン出展) 令和3年7月17日(土曜日) グランフロント大阪南館(タワーA)31階マイナビルーム
(大阪市北区大深町4-20)
マイナビ就農フェスト(オンライン出展) 令和3年11月20日(土曜日) グランフロント大阪南館(タワーA)31階マイナビルーム
(大阪市北区大深町4-20)
新・農業人フェア 令和4年1月29日(土曜日) 池袋サンシャインシティ 展示ホールC
(東京都豊島区東池袋3-1)
晴れの国おかやま就農セミナー&相談会 令和4年2月5日(土曜日) 三徳園
(岡山市東区竹原505)
マイナビ就農フェスト令和4年2月(日付未定) グランフロント大阪南館(タワーA)31階マイナビルーム
(大阪市北区大深町4-20)

新規就農希望者への支援

岡山市では、国や県の制度による研修や補助事業に加え、市独自の就農支援の制度を設けています。

就農サポートセンターでは、岡山市での就農を希望される皆さまのニーズや準備段階に応じた制度をご案内し、皆さまの就農をサポートします。

新規就農希望者体験研修

市内での就農を希望される方を対象とした、岡山市独自の研修です。

先進農家等での実際の農作業を体験できる農業インターンシップ研修と、先輩就農者の体験談を聞くことができる先輩就農者インタビュー研修の2本立ての研修で、インターンシップ研修は、さらに3つのコースを設定。それぞれの方の目的やスケジュールにあわせて実施していただけます。
岡山市で農業をはじめるイメージづくりの機会として、ご自身にあった農業経営の開始へと展開させるための第一歩として、ご活用ください。

研修コース

農業インターンシップ研修
  実地での農業体験の機会を提供する研修。次の3コースを設定しています。

  • ワンデイ・トライアルコース(1日) 
      農業に興味と不安をお持ちの方向けの入り口の研修
  • セレクト体験コース(10日以内)
      体験したい作目の農作業の時期・期間・作業を選択しての研修
  • 1サイクル体験コース(15日以内)
      実践的研修や実際の就農に向けて、就農希望作目の主な農作業を1サイクルを体験する研修

先輩就農者インタビュー研修
  就農から6年から10年程度経過した方の体験談を、対談形式でお聴きいただく
  機会を提供する研修

研修受講の要件

  • 岡山市内で新たに就農することを希望していること。
  • 研修申込時の年齢が65歳以下であること。
  • 受講する研修を実施する農業者または先輩就農者の三親等内の親族でないこと。
  • 研修地まで自力で赴くことができること。
  • 過去に新規就農希望者体験研修を受講している場合、過去の受講回数が3回以内であること。(農業インターンシップ研修のうちセレクト体験コース又は1サイクル体験コースを受講している場合は、過去の受講回数が各々1回以内であること。)

研修実施にかかる注意事項

  • セレクト体験コースと1サイクル体験コースは、2箇年度の期間内で実施可能です。
  • 研修受講中に、研修コースを変更することが可能です。
  • 1日あたりの研修時間は2時間以上7時間以内(午前9時から午後5時のうち)で、1日の研修時間が4時間を超える場合は、途中で1時間の休憩を設けていただきます。 (終日の研修は、研修を実施してくださる方の了承が得られた場合のみ実施可能です。)
  • 研修受講後は、研修終了日から1か月以内に、「新規就農希望者体験研修実施報告書」を提出いただきます。
  • 農業者の方の都合等により、ご希望にお応えできかねる場合があります。
新規就農希望者体験研修周知チラシ表
新規就農希望者体験研修周知チラシ裏
農作業を手伝う様子1
農作業を手伝う様子2
農作業を手伝う様子3

農業体験・実務研修(トータルサポート事業)

55歳未満の方を対象とした岡山県や岡山市、農業関係団体等が共同で実施する研修制度です。

1か 月間先進農家等で農作業や農村生活を体験する「農業体験研修」と、農業体験研修後認められた方に2年以内の実践的な研修を行う「農業実務研修」の二段階の研修制度です。実務研修期間中は、研修費として年間150万円が支給されます。

農業体験・実務研修の様子1
農業体験・実務研修の様子2
農業体験・実務研修の様子3

就農サポートガイドブック

就農サポートガイドブックの画像

令和2年度版 就農サポートガイドブック

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

岡山市の農業の概要や就農支援の制度、就農に向けて準備いただくこと等、農業を始める上で必要なことをまとめています。(ガイドブック(冊子)は窓口や相談会会場で配布しています。)

新規就農される方へのその他の支援

農業次世代人材投資事業(経営開始型)

次世代を担う農業者となることを目指しておられる新規就農者に対して、農業経営の開始から最長5年間のうち、経営開始1年目から3年目は年間150万円、4年目及び5年目は年間120万円を交付し、経営の安定化を支援する制度です。

UIJターン園芸農業者支援事業

岡山市にUIJターンにより移住し、園芸農業を始める方に対して、就農の初期投資を支援する制度です。

就業奨励金の交付

市内で新たに農林漁業に就農された方に、将来の地域農業を発展させる中核的担い手になっていただくよう、就業奨励金を交付し激励しています。


このページに関するお問い合わせ先

産業観光局 農林水産部 農林水産課 就農サポートセンター

電話:086-803-1347 ファクス:086-803-1739
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。