ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

脱水症を防ぎましょう

[2018年12月19日]

ID:4288

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

脱水症とは

体内の水分と塩分が不足している状態を脱水症といいます。この脱水症は汗をよくかく夏だけでなく、冬でも起きることがあります。
冬が近づくにつれて気温が低くなり、汗もかきにくくなっているのに何で冬に脱水症になるのでしょうか?

冬でも起きる脱水症

「不感蒸泄」ってご存知ですか?私たちが気づかないうちに、呼気や皮膚から蒸散し失われている水分のことをいいます。
冬は暖房器具などの使用により空気が乾燥し、夏に比べてこの不感蒸泄が増加しています。つまり気づかないうちに体内の水分と塩分を失っているのです。
また、冬は夏に比べてのどが渇きにくいため水分補給量が減ってしまいます。
こうして知らず知らずのうちに脱水症になってしまうことがあるのです。

体内の脱水が進むと…

体内の脱水が進むと、血液がドロドロになり、心臓の血管が詰まり、突然、胸を激痛が襲う「心筋梗塞」や、脳の血管が詰まる「脳梗塞」などの病気が起きやすくなります。

予防のポイント

季節に関係なく、普段から適度な水分の補給とバランスのいい食事を心がけましょう。
また、入浴の前後就寝前にもこまめに水分を補給しましょう。

こまめに水分補給
寝る前にも水分補給を

脱水症予防ポスター

脱水症予防ポスターの画像

お問い合わせ

消防局警防部救急課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-234-9967 ファクス: 086-234-1059

お問い合わせフォーム