ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

ICTガバナンス

[2012年5月23日]

ID:12486

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「ICTガバナンス」とは、情報システムの効果が出ているか、役に立っているか、適切な費用となっているか、安全・安定稼働しているかを組織的にチェックし、適正化していく取り組みのことを言います。
本市では、情報システムのPDCAサイクル(=計画・実施・評価・改善を繰り返し実施すること)を確立できる組織体制を強化することで「ICTガバナンス」を推進しています。

背景

近年、クラウド化やパッケージ利用等の情報システムの多様化・技術進展や高度化が進んでおり、市役所でも情報システムのブラックボックス化やベンダー依存を防止し、適正な価格で情報システムを調達・維持していく必要性があります。

本市のICTガバナンス施策

本市では、調達コストの適正化及び情報システムの投資効率の改善のため、次のような取り組みを行っています。

「情報システム調達ガイドライン」の策定

情報システム調達の客観性・信頼性を担保するために、その手順や事務手続きを標準化した「情報システム調達ガイドライン」を平成22年度に策定しました。各業務の担当部署は本ガイドラインに基づいて、情報システムの調達を行っています。

専門部署によるフォロー体制の確立

各業務の担当部署の専門知識の不足を補うため、情報システムの専門部署であるICT推進課と情報システム課が担当部署のフォローを行っています。
予算編成時には情報システムの企画内容の相談に応じ、予算執行時には仕様書作成、見積書精査をフォローしています。

「情報システム台帳」の整備

情報システムの全体像把握、費用対効果の明確化、予算検討へのフィードバック等を目的に、情報システムの基礎情報を一元管理するための「情報システム台帳」を整備し、情報システムの「見える化」に努めています。

ICTガバナンス施策の全体像

ICTガバナンス施策の全体像について示した図です。調達ガイドラインは全体の指針・インプットとして位置づけられます。情報システムの企画や、仕様書作成・見積書精査のプロセスでは専門部署によるフォローを行います。情報システム台帳は各プロセスのアウトプットとして位置づけられます。

お問い合わせ

総務局総務部ICT推進課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1047 ファクス: 086-225-5487

お問い合わせフォーム