ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

「岡山市避難所運営マニュアル」「DIG(簡易型図上訓練)実施マニュアル」「HUG(避難所運営ゲーム)」について

[2013年6月13日]

ID:12065

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

災害時、避難所の運営は、マニュアルなどを整えていても想定外のことや、被害によっての被災者の感情などにより、不安定になり、杓子定規な運営では立ち行かなくなることも多々想定されます。
災害が深刻になるにつれ、状況に応じた柔軟な対応が求められ、その全てをマニュアル化することはできません。
しかし、状況を把握しながらその時点で最も相応しいと思われる判断が、避難所において決断できるよう、「岡山市避難所運営マニュアル」は作成していますので、「DIG(簡易型図上訓練)実施マニュアル」「HUG(避難所運営ゲーム)」とともに日頃からの防災活動・訓練にご活用ください。

「岡山市避難所運営マニュアル」

このマニュアルは「避難者」が運営主体として編集されています。避難生活を乗り切るためには、「避難者」主体の運営体制が不可欠です。

「DIG(簡易型図上訓練)実施マニュアル」

DIGとは
Disaster(災害)
Imagination(想像力)
Game(ゲーム)の略です。

参加者が地図を囲みながら、ゲーム感覚で積極的に災害時の対応策を考える簡易型の図上訓練です。
地域の防災力を高めるには、町内会・自主防災組織等の果たす役割が大きく、地震や風水害などの災害が自分たちの住んでいる地域で発生した場合、どこに、どのような被害が発生し、どのような対応をとればよいかなどを、地図を囲みながら自分たちで考えていただくもので、日ごろから気付かなかった安全なまちづくりの課題や目標も明らかになります。

「HUG(避難所運営ゲーム)」

岡山市では、HUG(避難所運営ゲーム)を町内会、自主防災会等に貸出しています。
危機管理課までお問い合せください。

お問い合わせ

危機管理室

所在地: 〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1082 ファクス: 086-234-7066

お問い合わせフォーム