ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

地域防災協定について

[2012年10月10日]

ID:12043

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成23年3月11日、東北地方太平洋沖地震発生後の未曾有の被害を目の当たりにし、行政における防災対策の見直し、地域での安全確保が今まで以上に言われています。
地域での安全確保に関して、岡山市としましては、岡山市地域防災計画に定める「生活避難所」、「福祉避難所」、「臨時避難所」等の選定・指定を進めておりますが、地域を熟知した町内会・自治会あるいは自主防災組織等においても、緊急避難所及び避難地について選定し、自らの地域が避難しやすい環境を整えることが大切です。
災害対策基本法により、市町村長は避難の指示ができ、その立ち退き先を指定することができるとありますが、避難指示等該当地区にも様々な状況があり、地域内でもリスクが均等ではありません。特に緊急時は、その立ち退き先やそこまでの経路が万全とは限らないため、地域の実情に合致した緊急時の避難地・避難施設を地域で考え、地域防災協定の手引き』を参考に、民間同士の緊急時避難地・避難施設における防災協力・協定(覚書)を検討していただければ幸いです。

地域防災協定の手引き

多くの地区で『地域防災協定』が締結されています。
自主防災組織の結成、地域防災マップの作成等も考えてみてください。

お問い合わせ

危機管理室

所在地: 〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1082 ファクス: 086-234-7066

お問い合わせフォーム