ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

まちづくり人づくり応援寄附金(個人の方のふるさと納税)

[2009年12月11日]

ID:4111

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

『ふるさと納税』とは
自分の生まれ故郷や応援したい自治体などに寄附を行った場合に、一定の限度額まで個人住民税が軽減されるなど、税制上の優遇措置が受けられる制度です。
(税制上の優遇措置の詳細については、下記関連情報の「寄附による税金の控除について」のページをご覧ください。)

新型コロナウイルス感染症対策寄附金

新型コロナウイルス感染症対策寄付金の呼びかけ

寄附金の使途に「新型コロナウイルス感染症対策」を選択できるふるさと納税の受付を開始しました。
ご寄附は、新型コロナウイルス感染症対策に幅広く活用させていただきます。
※新型コロナウイルス感染症対策を使途として選択された寄附には、お礼の品はありません。

寄附の方法

  •  インターネットからの決済手続による寄附(手数料は無料)
    ・民間事業者/ふるさとチョイス別ウィンドウで開く
    ・民間事業者/さとふる(現在、準備中です。)
  • コンビニ、郵便局での払込による寄附(手数料は無料)
    ・コンビニの場合は、インターネットで申込後に通知された支払番号により払込
    ・郵便局の場合は、郵便振替票等を送りますので税制課(086-803-1166)までご連絡ください。
  • 岡山市の窓口での寄附(財政局税制課、中・東・南区市税事務所、東京事務所)

岡山市のまちづくり人づくりを応援ください!

岡山市では、「未来へ躍動する 桃太郎のまち岡山」を都市づくりの基本目標に掲げ、3つの将来都市像「経済・交流都市」「子育て・教育都市」「健康福祉・環境都市」と10の基本方向に沿った取り組みを推進しています。皆様からいただいた「ふるさと納税」の寄附は、こうした岡山市のまちづくりに活かしていきます。
岡山市は、令和元年5月14日付けで国から「ふるさと納税の対象となる地方団体(市町村等)」として指定を受けています。

  • 指定期間
    令和元年6月1日から令和2年9月30日まで(改めて国が指定することにより延長されます。)

寄附の申込

インターネットでのお手続きはこちらから!
岡山市ふるさと納税のサイトは、下記の3事業者のみです。

詐欺サイトに注意ください!

ふるさと納税の受付を偽装した詐欺サイトの存在が確認されています。
岡山市ふるさと納税の民間事業者サイトは、上記の「さとふる」、「ふるさとチョイス」、「楽天ふるさと納税」の3サイトのみです。

岡山城と桃太郎像とシンフォニーホールのスケッチ絵

寄附金の使い途について

岡山市では、ふるさと納税(まちづくり人づくり応援寄附金)で応援したい分野(希望使途) を寄附の際に選択していただけます。

  1. 地域経済 (地域経済の活性化による、魅力と活力あふれるまちづくり)
  2. 都市・交通・まちづくり (コンパクトでネットワーク化された快適で多様なまちづくり)
  3. 歴史・文化・スポーツ (歴史と文化が薫り、誇りと一体感の持てるまちづくり)
  4. 女性・子育て (安心して子育てができ、若者や女性が輝くまちづくり)
  5. 教育 (つながる教育で未来を拓く人材を育むまちづくり)
  6. 市民協働 (理解を深め合い、ともに築く市民主体のまちづくり)
  7. 健康・医療・福祉 (住み慣れた地域で安心して暮らせる健康・福祉のまちづくり)
  8. 防災・安全・安心 (地域の力をいかした災害に強く安全・安心なまちづくり)
  9. 環境 (豊かな自然と調和した市民の手による持続可能なまちづくり)
  10. 都市経営 (圏域をリードし、都市の持続的発展を支える都市経営)
  11. 市政全般 (その他市政全般)

T1.新型コロナウイルス感染症対策  ※申込のご案内は、このページの上部にあります。

※寄附金は、選択された「応援したい分野」の施策等に活用していきますが、「市民協働の学校づくり」に使途を指定して寄附をすることもできます。

地元特産品などのお礼の品の贈呈【1万円以上の寄附をされる個人の方(岡山市民以外)が対象です】

岡山市では、1回につき1万円以上の寄附をいただいた方(岡山市民、法人・団体等を除く。)に、市の特産品などお礼の品をお届けします。
新型コロナウイルス感染症対策を使途に選択された寄附には、お礼の品はありません。
※年に何回でも寄附していただけます。
※お礼の品については、委託業者よりお送りします。
※お礼の品の詳細は下記のカタログをご覧ください。

【令和2年度版お礼の品カタログ】(カタログは、返礼品が随時更新されます。)

「確定申告」と「ふるさと納税ワンストップ特例制度」

確定申告(原則)

寄附金控除を受けるためには、ワンストップ特例制度に該当する場合を除き確定申告が必要です。岡山市が発行した「受領証明書」を添付して確定申告をしてください。
※留意事項
ふるさと納税の返礼品は、寄附の対価ではなく、岡山市からのお礼の意味でお送りしています。寄付をされた方が特産品などを受け取った場合の経済的利益は、一時所得に該当します。一時所得に係る総収入金額(特産品などを含む合計額)が50万円以上の場合は課税対象となりますので、ご注意ください。

ワンストップ特例制度

確定申告が不要な給与所得者等について、ふるさと納税先団体が5団体以内の場合で、かつ確定申告を行わない場合に限り、ふるさと納税先団体に特例の申請をすることにより、ふるさと納税に係る寄附金控除がワンストップで受けられる特例的な仕組み(ふるさと納税ワンストップ特例制度)があります。
このワンストップ特例の適用を受けるには、後日送付する所定の様式による「申告特例申請書」に記入・押印の上、岡山市へ提出していただくことが必要です。
※留意事項
申請書の内容に変更があった場合(転居による住所変更など)、ふるさと納税をした翌年1月10日までに変更届を岡山市に提出することが必要です。
5団体を超える自治体へふるさと納税をした方、又は、ふるさと納税の有無にかかわらず確定申告を行う必要のある方が、ふるさと納税に係る控除を受けるためには、確定申告書の提出が必要です。
※個人番号制度の導入に伴い、個人番号(マイナンバー)の記入も必要となりましたのでご記入ください。また、なりすまし防止の確認手続きのために「個人番号確認の書類」と「本人確認の書類」のコピーの提出も必要です。ご自身のマイナンバー受取状況に応じて、次の別表を参考に申請書と合わせてお送りくださいますようよろしくお願いします。

ふるさと納税ワンストップ特例が適用される場合の手順の内容

寄附の方法について

ご注意ください!

岡山市では「まちづくり人づくり応援寄附金」を強要したり、電話でお願いすることや寄附金の振込口座を電話でお知らせすることはありません。 また、ふるさと納税の受付を偽装した詐欺サイトの存在が確認されていますが、岡山市ふるさと納税への民間事業者サイトからの申込は、「さとふる(岡山市ページ)」と「ふるさとチョイス(岡山市ページ)」のみで行っています。 ふるさと納税を騙る詐欺行為にご注意ください。

関連情報

お問い合わせ

財政局税務部税制課

所在地: 〒700-8554岡山市北区大供一丁目2番3号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1166 ファクス: 086-803-1748

お問い合わせフォーム