ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

スポーツ・運動時の熱中症予防

[2022年6月1日]

ID:23233

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

毎年厳しい暑さが続き、熱中症が多く発生しています。

これまでの新型コロナウイルス感染症対策とあわせて、熱中症予防対策が必要となります。マスクをつけてスポーツを行うと熱放散が妨げられることから、通常よりも熱中症のリスクが高くなりますので、より注意が必要となります。

熱中症は、スポーツ等の活動前に適切な水分補給を行うとともに、必要に応じて水分や塩分の補給ができる環境を整え、活動中や終了時にも適宜補給を行うこと等の適切な措置を講ずれば十分に防ぐことが可能です。

適切な予防行動をとり、熱中症を防ぎましょう。

スポーツ活動中の熱中症予防5ヶ条

  1. 暑いとき、無理な運動は事故のもと
  2. 急な暑さに要注意
  3. 失われる水と塩分を取り戻そう
  4. 薄着スタイルでさわやかに
  5. 体調不良は事故のもと

※(公財)日本スポーツ協会「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」より

熱中症予防のための運動指針

この指針は、環境温度に応じてどのように運動したらよいのかの目安を示したものです。

環境温度の基準は湿球黒球温度(WBGT)に基づきました。しかし、現場ではWBGTが測定できない場合もあり、WBGTにおよそ対応する湿球温度、乾球温度も示してあります。実状に合わせて使用してください。

※(公財)日本スポーツ協会「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」より


注)熱中症の目安となる暑さ指数
(WBGT:湿球黒球温度)

気温が35度を超える時は、「運動は原則中止」です。

気温が35度を超えない場合も、活動前に適切な水分補給を行うとともに、必要に応じて水分や塩分の補給ができる環境を整え、活動中や終了後にも適宜補給を行うこと等の適切な措置を講じてください。

熱中症を予防し、スポーツ・運動を安全に楽しみましょう。

熱中症警戒アラート

令和3度より、「熱中症警戒アラート」が全国で運用されました。

熱中症警戒アラートとは?

熱中症の危険性が極めて高い暑熱環境が予測される際に発表されるものです。

発表の基準

暑さ指数が33以上と予測された場合、気象庁の府県予報区等を単位として発表されます。

発表されたら

熱中症警戒アラートが発表されたら、以下のような予防行動をとりましょう。

熱中症警戒アラートリーフレット

熱中症警戒アラートのメール配信サービス(無料)

環境省・気象庁が発表する熱中症警戒アラートの情報を、メールで配信するサービスが、無料でご利用になれます。(但し、情報取得にかかる通信料(利用登録、ホームページの閲覧、メール送受信時に発生する料金)は利用者の負担となります。)


LINEアプリを活用した熱中症警戒アラート・暑さ指数の情報配信

環境省は、令和2年7月31日に、LINE公式アカウント「環境省」を開設し、熱中症予防対策の情報配信を開始しました。お使いのスマートフォンなどのLINEアプリで、LINE公式アカウントを友だち追加していただくと、熱中症警戒アラートの発表や暑さ指数の情報を、受け取ることができます。


熱中症になってしまったら

暑い時期の運動中に熱中症が疑われるような症状がみられた場合、まず、重症な病型である熱射病かどうかを判断する必要があります。

熱射病の特徴は高体温(直腸温40度以上)と意識障害であり、応答が鈍い、言動がおかしいなど少しでも意識障害がみられる場合には熱射病を疑い、救急車を要請し、涼しいところに運び、速やかに身体冷却を行います。

意識が正常な場合には涼しい場所に移し、衣服をゆるめて寝かせ、スポーツドリンクなどで水分と塩分を補給します。

また、うちわなどで扇ぐのもよいでしょう。

吐き気などで水分が補給できない場合には、医療機関での点滴などの治療が必要です。

※(公財)日本スポーツ協会「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」より

スポーツ活動再開時の新型コロナウイルス感染症対策と熱中症予防について

関連サイト

お問い合わせ

市民生活局スポーツ文化部スポーツ振興課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1614 / 086-803-1615 / 086-803-1616 ファクス: 086-803-1768

お問い合わせフォーム