ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

押印見直しの取り組みについて

[2021年4月7日]

ID:28950

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

岡山市では、市民や事業者の方の負担軽減と、オンライン化を見据えた行政サービスの向上を図ることを目的として、市へ提出いただく申請書や届出書その他、手続きに必要な書面の押印見直しに取り組んできました。

取り組みの結果、全書面7,247種類のうち、従前から押印義務付け廃止としていた1,547種類の書面と、今回の見直しで押印義務付け廃止とした5,069種類の書面を合わせて、全体の約91.3%に当たる6,616種類の押印義務付け廃止を達成しました。

今回本市が取り組んだ押印見直しの取り組み概要については下記の「広報用説明資料」をご覧ください。

押印の義務付けを廃止した書面一覧

令和3年4月1日現在で、押印義務付けを廃止した書面の一覧は下記のとおりです。

なお、書面の内容により、押印の代わりに署名(自署)を求めるものや、本人確認書類の提示又は提出を求めるものがあります。押印に関する手続き変更の内容は、各書面を取り扱う市の各担当課へお尋ねください。

「岡山市規則で定める申請書等の押印の特例に関する規則」等の制定について

本市では、押印見直しの取り組みを迅速に進めるために、「岡山市規則で定める申請書等の押印の特例に関する規則」等、4種の規程類(以下、「規則等」といいます)を制定しました。

規則等の施行(令和3年4月1日)により、各規則等の別表一覧表に掲載した書面(合計1,079種類)の押印については、令和3年3月末までで全て廃止となります。
また、各規則等の別表一覧表に掲載した書面以外にも、令和3年3月末までに、市の各担当課が個別に様式変更するものや、取扱いの変更をおこなうものが他に3,990種類あり、「押印の義務付けを廃止した書面一覧表」に記載する通り、あわせて5,069種類が今回押印義務付け廃止となります。

お問い合わせ

政策局行政改革推進室

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 

電話: 086-803-1096 ファクス: 086-803-1762

お問い合わせフォーム