ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

すべての道路照明灯をLED化します

[2021年3月9日]

ID:28160

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

道路照明灯LED化事業について(ESCO事業)

 岡山市では、「第2次岡山市環境基本計画」(平成29年3月)において、“賢い選択による低炭素化と地球にやさしい活動が実現しているまち”等の4 つの環境目標を掲げており、低炭素化社会の推進を図っています。
 また、「水銀に関する水俣条約」(平成25年1月)の発効に伴い、令和3年1月以降は、道路照明灯に一般的に使用されている水銀ランプの製造・輸出入が禁止となることから、従来通りの維持管理が困難となる見通しとなり、早急にLED化を図る必要があります。

 そこで、省エネルギー化の推進による環境負荷の低減を図るとともに、財政負担の削減及び平準化を図るため、ESCO事業により民間事業者の資金、技術力等を活用することで、市が管理する道路照明灯(トンネル照明を除く)約6,800灯を一斉にLED化します。

ESCO事業とは

Energy Service Company の略。

 事業者が省エネ機器への改修に係る費用など、省エネルギーに係わる提案・設計・施工・運転・維持管理・検証等の包括的なサービスをランニングコストの削減分で賄い、削減効果(省エネルギー効果)を保証する事業

財政支出

 今後の本市の道路照明灯に係る財政支出は、下図のように推移することが予想され、ESCO期間の費用は、現状の費用と比べ約31.8(百万円/年)削減することが見込まれる。

財政支出

電気使用量及びCO2排出量

 本事業により、年間の電気使用量を約8割(約430万kwh)削減CO2排出量を約8割(約2,700t‐CO2/年)削減見込み。

事業スケジュール

ESCO事業の工程表

現地調査

  1. 期 間   令和3年4月頃から7月頃
  2. 内 容   名札、身分証明書を携帯した調査員が、道路照明灯の老朽化や契約状況等の調査を実施します。

LED化工事

  1. 期 間   令和3年8月頃から令和4年3月頃
  2. 内 容   既設の水銀灯などを省エネ機器(LED灯)に交換する作業を実施します。


作業イメージ(日中・夜間)

道路規制イメージ

維持管理

  1. 期 間   令和4年4月1日から令和14年3月末(10年間)
  2. 内 容   道路照明灯の不具合への対応や省エネ効果の測定を実施します。

  計測イメージ

実施予定事業者

(代表・事業役割)

  • 東芝エレベータ株式会社 中国支社

(その他構成企業)

  • 株式会社中電工エレテック岡山・鳥取
  • 株式会社パスコ岡山支店
  • 岩崎電気株式会社
  • 株式会社中電工 岡山統括支社
  • みずほ東芝リース株式会社

道路照明灯が不点灯、点滅等している時には?

 市内には、いろいろな街路灯が設置されています。その中には、市で管理している道路照明灯、町内会等で管理している防犯灯、個人で管理している照明灯などがあります。

 市で管理している道路照明灯に不具合等ありましたらご連絡をお願いします。

※道路照明灯にはLED化工事に併せて、下記のようなプレートを取り付けます。ご連絡の際、設置されている付近の住所とプレートに書いてある管理番号をご確認ください。

連絡先(時期によって、連絡先が変わりますので、ご注意ください。)

令和4年3月31日まで(今までどおり)

令和4年4月1日以降 令和14年3月31日まで

     東芝ビルファシリティコールセンター 

  • 電話番号:0570-666-181(年中無休・24時間対応)

※コールセンターの音声ガイダンスのとおりダイヤルの「1」を押していただくと受付担当者につながりますので、不具合の状況等をお伝えください。

プレートイメージ

お問い合わせ

都市整備局道路部道路港湾管理課 維持計画係

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1416 ファクス: 086-803-1877

お問い合わせフォーム